たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

チケット高額転売に「法規制を」、ミュージシャンら訴える

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

音楽ライブ、スポーツ観戦のチケットが高額で転売されることについて、宇崎竜童さん、夏木マリさん、May J.さん、Zeebraさんらが国会議員の方々の前で法を整備するよう訴えました。

また、藤井フミヤさん、きゃりーぱみゅぱみゅさんのビデオコメントもあったようです。

 

ライブチケットの転売問題はことあるごとに話題になります。
最近では、あのチケットキャンプがサービス停止になったことで大きなニュースになりました。

今回、アーティスト側からは、「最前列が空席になってしまった」、「チケットが高すぎるせいでグッズが売れなくなる恐れがある」などとという意見が出ています。

 

このほかにもいろいろな意見があったのでしょうが、報道だけ見ると少し説得性も薄い気がします。
最前列に空席があったとしても、実際にチケットは販売されてアーティスト側の収益になっていることですし、高額チケットとグッズ売り上げの関連性もハッキリしていませんので。
単純に、チケットを取る側の公平性に欠く、というところも強調して欲しいところです。

 

チケットを取る側としては、転売に反対する人、賛成する人がいます。
人気のチケットが転売目的で大量に購入されてしまうことにより、取りにくいチケットがさらに取れなくなって困る人。反対に、どうしても行きたい公演にお金を出せばチケットがとれることや、お金を出すことで近距離で好きなアーティストを見れることを喜ぶ人。

もちろん前者のほうが多数だとは思いますが、後者もそれほど少数なわけではないでしょう。

需要がある限り、確かに法規制がなければ食い止めることは難しいかもしれません。

 

最近では、アーティスト側から、チケット転売阻止のためのさまざまな対策が実施されています。
チケットに名前が入ることは普通ですし、入場時に公的な身分証による身分確認をすることも非常に多くなっています。
また、スマホをかざして入場する「電子チケット」、さらに「顔認証」も導入されています。
現在の顔認証設備はとても優れていて、認証速度が速く、これによる混雑もほぼありません。


チケット購入者は身分証・顔写真の登録とちょっと面倒ですし、何かしら抜け道も作られてしまうかもしれませんが。

 

ただ、こういった対策がとられることにより、ヤフオクに出品されるチケットもかなり少なくなってきています。

 

法が整備されれば、転売も激減するでしょう。

しかし、法改正なんて正直なところどれだけ待てば良いのかわかりません。

 

公演する側にも、もっと現実的なチケット転売防止の工夫を考えてもらっても良い気がしますね。