たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

【偽物販売】ネット上で販売されていたのは…なんとアノ人のモノ!43歳女逮捕!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

なんと言いましょう・・・。

今のこの流行に乗った犯罪が発生しました。(泣)

 

将棋の藤井聡太六段の偽物のサインをインターネット上で販売した疑いで、43歳の女が逮捕されました。

 

まだ高校一年生の藤井さんのサインを、43歳の女性がサインを自ら作って販売したのです。

 

 

逮捕された女の名前は?どこに住んでるの?

全ての私の情報網を使って、逮捕された女性の名前を入手することができました。

 

東京都文京区の派遣社員の富岡恵美子容疑者です。

 

富岡恵美子・・・

 

どこにでもあるような名前ですが、これ以上詳しい情報は分かりませんでした。

 

確かに、それらしき人はいますが、万が一の事を考えればココでの発表はこれ以上できません・・・。

 

 

 

 

逮捕の経緯は?なで分かった?

富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、5670円をだまし取った疑いがあります。

 

 

 藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、今回の偽物も詰将棋が書かれていたのです。

 

男性は偽物と知らずにネットオークションで転売しました。

 

落札されたのを見つけた愛知県瀬戸市の男性から情報提供があり、県警が捜査していたのです。

 

 

県警が藤井六段本人に真偽を問い合わせると「筆跡が違う」「持ち駒の香車の数が違う」などと回答があったというのです。

 

直接問い合わせたんですね・・・。

 

さすが、時代の一歩先を行く人ですね。

 

 

今回の色紙に書かれた詰将棋は、愛知県尾張旭市在住の男性(47)が昨年3月に家族を通して藤井六段からもらい、インターネット上にアップしていたものとよく似ているとのことでした・・・。

 

本物と比べると、香車の数が違うほか、飛車の位置を書き直した形跡もありました。

 

この男性は12日、朝日新聞の取材に「将棋をやっている人なら偽物だとわかる」と話しています。


 富岡容疑者は将棋の加藤一二三九段や平昌五輪の出場選手のサインも売ったという趣旨の供述をしており、県警は余罪を調べることにしています。

 

 

 

 

ネット上での偽物販売後を絶たず

 

ネット上での偽物販売は足がつきにくく、バレにくいと思っているのか多いですよね。

 

最近では「君の名は。」の偽グッズや「NMB48 山本彩さん」のサイン入り水着の偽物も販売されています。

 

話題の商品やグッズの偽物って簡単にバレてしまいそうか気がしますが、それでも販売するってどんな心境なんでしょうか??

 

少しでもお小遣いが欲しかったとか??

 

どちらにしても、絶対やったらいけないことですね!