たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

【悲報】医療費の自己負担アップ!?年金受給も〇〇歳になる!?

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

国民のみなさんにとって悲しい現実が来そうです・・・。

 

財務省は医療や介護に関連する制度の見直しを進めていますが、軽い風邪などで診察を受ける場合は、患者の自己負担を増やす案が出ているとのこと!

 

更に年金の給付開始年齢を上げる案などが盛り込まれているというのです・・・。(これらの情報は4月11日に共同通信等が報じました)

 

 

 

生活がしにくい時代本番!国民の生活はどうなる??

報道によりますと、日本では軽い症状で診察を受ける頻度が高く、医療費の増加につながっているのです。

 

そのため軽い症状での受診は、窓口で支払う自己負担を引き上げるべきだと財務省は主張しているというのです。

 

軽くても重くても、辛いときは辛いので病院ぐらいは行きたいですよね!?

 

 

また「かかりつけ医」以外の医療機関を受診する場合にも、自己負担を引き上げることを検討しています。

 

患者の健康状態を把握している「かかりつけ医」の方が余計な薬代などを減らせると考えているからです。

 

介護費については、調理や掃除などの身の回りの世話をする「生活援助サービス」に、ホームヘルパーではなく、地域住民やボランティアを活用することが提案されました。

安い費用でサービスを提供し、介護費を抑える狙いがあるのです。

 

ボランティア!?

 

そこまで頼る事ができる存在になるとは考えにくいですね・・・。

はい・・。

 

 

 

さらに、2025年にかけて60歳から65歳へと段階的に引き上げられる厚生年金の支給開始年齢を、さらに68歳まで引き上げる計画があるのです。(泣)

 

 

 

ネット上での反応は?納得しているの??

まさか、国民が納得するわけがありません!

だって、政治家は自分達の贅沢な暮らしのためにバンバン報酬を貰っているじゃないすか・・・。

 

議員の数も相変わらず多いですし。

 

森友・加計問題だって解決してないじゃないすか!

 

困ったときだけ、国民にヘルプを求めるのはどうかと思いますね。

 

 

軽い症状での受診を抑制する案に対しては、

「『かぜだと思ってたら実は〇〇だった』って医者でも冷や汗かくような思いをすることある」

「軽い症状で気軽にこれるから重症化しないのでは」

といった意見が相次いでいます。

 

 

年金支給開始年齢の引き上げについても、

「今すぐ払った分返して」

「もう受け取れる気がしない」

と嘆く人が多かったです。

 

年金を支払っているのに、支給開始が遅れれば、不満に思うのは当たり前ですよね~。

「若い人達が自分達は年金なんか貰えないんじゃないかと益々納めなくなる」と制度の存続を危ぶむ声も出ています・・・。