たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

【トレンド情報】図書券・図書カードに代わり新サービス!巷で話題の〇〇とは??

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

私が子供のころはよく、図書券を頂いたものです。お札ぐらいのサイズで、マンガや参考書をこれで購入した記憶があります。

 

図書券は、子供から高齢者まで喜ばれる人気の金券でしたね。

 

 

図書券の歴史について

 

図書券(全国共通図書券)の発行が開始されたのは1960年のことです。

 

思った以上に古いですね・・・。

 

当初はなんと、「20円券」の15枚つづりや50枚つづりという形式でした。

 

その後、40円券や50円券、100円券が登場し、1998年からは見慣れた印象のある500円券のみになりました。

 

40円券なんてかなり歴史を感じますね。

 

日本全国ほとんどの書店で利用できるほど普及した図書券ですが、釣銭に関するトラブルが起きやすかったり、回収や流通の手間がかさんだりするなどの問題点もあったようです。

 

そこで1990年には、図書券と平行して「図書カード」が発行されるようになりました。

この図書カードは記憶に新しいです。

っていうか、家を探したらまだあるかもしれません・・・。(笑)

 

 

磁気カード式で釣銭の処理が不要になり、図書カードは図書券に変わって主流になったのです。

 

さまざまなキャラクターを使ったオリジナルデザインも人気を集めました。

 

その結果、2005年には図書券の新規発行が終了し、図書カードに完全移行したのです!

 

 

 

知ってました?【図書カードNEXT】

 

私は図書カードが最新かと思っていましたが、調べているとそうではないことが分ったのです!

 

それは、

「図書カードNEXT」の存在です。

 

2016年に登場したらしいのです・・・。

知りませんでした。(汗)

 

この「図書カードNEXT」ですが、素材は従来の磁気カードから紙になり、裏面に印刷されたQRコードを書店の専用端末で読み取ってネット経由で残額を管理する方式なのです。

 

また、スマホアプリやWebサイトからカード残額や利用履歴を確認できるようになったのです!

 

 

 

 

現在はQRコードで!?進化する図書カード!

 

2018年からは、カードの現物は必要なく、スマホなどに表示したQRコードのみで利用できる「ネットギフト」という新機能も追加されています(現在は企業や団体の配布用のみ)。

 

このままいくと、完全にカード時代は終了する気がしますね・・・。

 

ここからは私の個人的な意見ですが、お店のポイントカードを一元化できないものかと思います。

 

だって、みなさん手元にスタンプカードの類、いくつお持ちすか??

 

私の妻なんて、カードだけで財布がパンパンです。現金だったらいいのですが・・・。

 

今のこの時代です。カードを一元化してシンプルに生活できることを期待します!