たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

【速報!】飛行機が着陸時事故!事故の内容は?乗客の安否は?

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

この記事のタイトルを読んで、皆さんは何を感じましたか?

 

乗り物の事故はやはり怖いですよね~。

 

 

 

私は時々飛行機を利用しますが、北海道に行った時吹雪が酷く目的地の空港に着陸できず、別の空港へ着陸したことがあります。

 

パイロットの方は安全を最優先して運転していることが分かります・・・。

 

さて今回の事故ですが、国土交通省は10日、9日夜に韓国・済州島から関西国際空港に到着した大韓航空733便(ボーイング737-900)が、着陸をやり直した際に機体後部の底面を滑走路に接触させたと発表したのです。

 

要するに尻もちをついたという事ですね。

 

 

 

 

乗客の安否は?ケガは大丈夫?

 

乗員乗客99人にけがはなかったようです。

 

損傷程度が大きいことから航空事故と認定して、運輸安全委員会は10日、航空事故調査官3人を派遣して原因調査を始めました。

 

 

 

 

 

事故の詳細について

 

国交省や大韓航空によると、大韓機は済州島を9日午後8時25分に離陸しました。

 

9日の9時半過ぎ、関空に着陸しようとした際、滑走路にバウンドしたためやり直し、約15分後に着陸したのです。

 

その際に機体が滑走路に接触したとみられ、垂直尾翼の下の底面付近に、長さ15センチ以上の擦った痕が複数見つかっています。

 

滑走路にも傷があったというのです。

 

ん~、やっぱり怖いですよね・・・。

 

 

緊急脱出はせず、乗客が通常通り降りた後、整備士が機体を点検した際に傷を見つけて接触が分かりました。

 

調査官は10日、滑走路面や機体を確認。大韓航空に聞き取りをし、事故当時の状況などを調べる予定です。

 

 

 

事故をした飛行機(ボーング737)ってどんな飛行機??

 

ボーイングって言葉良く耳にします。

 

もしかして、あまり質の高い飛行機ではないのかと思い、事故したボーイング737について調べてみました。

 

アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機であることが分かりました。

 

ボーング737型機は、近代化された航空機システム、高性能エンジンなど従来の737型機に大幅な改良を加えた航空機です。

そのことから次世代機(Next Generation)と呼ばれています。


外見上の大きな特徴としては、翼の先端の大きなウイングレットで、燃費効率の向上、航続距離の延長などの効果があります。

 

日本ではANAなどでも使用されている、割とメジャーな飛行機のようです。

 

ちなみにパイロットについての情報は今のところ入ってきていません・・・。