たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

【ギネス認定!?】北海道の男性が世界最高齢!年齢はなんと〇〇〇歳!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

日本は世界でも長寿国として有名ですよね!?

私は普段、高齢福祉の分野で仕事をしていますが、以前に比べると確実に施設を利用するお年寄りが増えています。

80歳前半なんて、私の感覚では若い方です・・・。汗

そんな我が日本ですが、北海道足寄町112歳野中正造(まさぞう)さんが、ギネス社から世界最高齢の男性として認定され、10日、町内で認定証が贈られたのです!

 

長生きと言えば、沖縄のイメージですが野中さんは北海道とのことです。寒い地域でも長生きができるのですね!

 

世界最高齢の野中さんってどんな人?仕事は何をしていた?

 

野中さんはお祝いのケーキをほおばり、しっかりした声で「ありがとう」と笑顔で答えました。

100歳を超えてのケーキ、本当に美味しいでしょうね!!

 

野中さんは1905(明治38)年7月25日、足寄で生まれた。農林業に携わった後、旅館「野中温泉」の経営を父から引き継いで生活をしてきたのです。

現在は長男の妻徳子さん(78)と孫の祐子さんと暮らしています。温泉も週1回ほど入り、車いす生活ですが、自分で食事もできるのです。

 

新聞を読み、テレビでは相撲中継を楽しむ。徳子さんは「ストレスがないのが長寿の秘訣(ひけつ)では」と話されています。

 

旅館内でギネスの認定証と併せ、足寄町の町民栄誉賞も手渡された野中さんは、緊張した様子もなく、人なつっこい笑顔。祐子さんは「長生きしてくれてうれしい」と喜んだ。

 

 

世界最高齢の野中さんが生まれた1905年ってどんな時代だった??

 

この記事を書いていてふと、私は気になりました。

野中さんが生まれた1905年ってどんな時代なのか・・・。

 

そこで少し調べてみました!

 

1905年といえば明治時代の後半です。

 

日露戦争が終わりポーツマン条約を締結されたり、日本海大海戦争でロシアのバルチック艦隊を撃破した年だったのです。

 

さらに、9月5日には東京で講和反対の全国大会が日比谷公園で開かれました。日露戦争に勝利したと思い込まされていた国民は、日本側の譲歩に納得できなかったとか・・・。

 

閉会後、憤懣やる方ない群集は新聞社、官邸、警察署、交番、電車、キリスト教会などを焼打ちし、政府は6日東京市および府下に戒厳令をしいたとのことです。

 

焼かれた交番は市内にあったものの7割におよび、死者17人、負傷者2000人、検束者2000人を出すことになったのです。

 

このように、今では到底考えられない中で野中さんは生まれたのでした。

 

そうやって考えれば、今の日本ってホント平和ですよね~。

 

こらからも長生きして下さいね♪