たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

米ユニバーサルスタジオで「ジュラシック・パーク」25周年記念イベントが開催!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

米ロサンゼルスにあるユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで、映画ジュラシック・パーク」の公開25周年記念イベントが開催されるようですね!

 

4Kツインレーザープロジェクター設備のあるIMAXシアターでの上映が行われるようです。最新鋭のリクライニングシートに加えて、「ドルビーアトモス」っていうサウンドシステムも使われるとのことです。

 

「ドルビーアトモス」というのはあまり聞きなれないですが、日本でも導入している映画館が今では結構あるようですね。

 

IMAXシアターはもう日本でも有名ですが、4Kツインレーザープロジェクターっていうのはまだ日本に一台だけ(これ書いてる時点です)みたいで、大阪エキスポシティの109シネマズでそのスゴさを体験できるみたいです。

 

絶対一度は見に行きたいっと思ってます。

 

少し料金は高くなるものの、IMAXで一度映画を観てしまうと、普通の映画館ではかなり物足りなくなってしまいます。
近くにIMAXシアターがある人は羨ましい限りです。

 

特にIMAX3Dはとても素晴らしいです。是非とも普通の3D映画館と見比べてもらいたいですね。画面の明るさ、見やすさが本当に違います。「トランスフォーマー」の変形シーンなんか感動モノですよ。

 

さて、ジュラシック・パークも、もう25周年なんですね。
最初に映画館で観た時はVFXの凄さに衝撃を覚えました。3回観に行きましたよ。

 

そして次作はなんと5作目!
今のところ全部、4作目まで映画館に観に行きましたが、結局のところ一番最初のジュラシックパークが一番面白かったでしょうかね。初めてのあの映像体験というインパクトの大きさもあったのでしょうけれども。


スピルバーグも3作目からは監督をしなくなってしまって、残念な限りです。
映像はどの作品もやっぱり凄いので、スピルバーグが監督だったらどうなっているんだろうと、とても気になります。

 

最新作の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の監督はフアン・アントニオ・バヨナ。
う~ん、今回で初めての大作みたいですが、自分としては必ず観に行ってしまう作品なので、期待通りに作ってくれることを祈ります。

 

そういえば恐竜に関しては、本物の恐竜のことがいろいろ研究されてきて、あんな映画のように素早く動けなかったとか、本当は恐竜の肌はカラフルだったとか、いろんな説が出てきているようですが、まあ実際のところは誰にもわかりません。
ジュラシック・パークファンからすると、あんまり夢を壊すようなこと言わないで、って感じですけどね。