たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ももクロ最大の大ピンチ!4人新体制で本当に乗り切れるのか?

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

2018年1月21日のライブをもって、ももいろクローバーZでグリーンを担当していた、有安杏果さんが卒業されて、ももいろクローバーZは4人体制になってしましました。

 

ももクロの結成は今からちょうど10年前の2008年でした。

 

当時のももクロは全くの無名で、ももクロ初の路上ライブは紅白歌合戦が行われるNHKホールの隣の代々木公園でした。

 

通り過ぎていく人は、ももクロの事を素人のグループがパフォーマンスをやっていると思っていたようです。

 

今ももクロは最大のピンチといわれていますが、ももクロのピンチは一度や二度ではなかったのです。

 

ももクロの結成のきっかけは実は沢尻エリカだった!

 

みなさんは沢尻エリカさんの「別に」発言をご存知でしょうか?

 

沢尻エリカさんは今やテレビドラマの常連になっています。

 

ところが以前映画のPRで自身が主演の映画においてリポーターが映画の見どころを再三聞いても

 

「別に」

 

「何もないです」

 

「そうなんですか?」

 

など適当な発言をしてしまい一時、芸能界を干された事件がありました。

 

この当時のマネージ―が川上アキラさんでした。

 

担当の沢尻エリカが干されたことがきっかけで、暇になった川上アキラさんが当時無名のももクロの原型を担当することになります。

 

ももクロのメンバーの入れ替わりは激しかった!

 

ももクロの現メンバーは、百田夏菜子さん、玉井詩織さん、高城れにさん、佐々木彩夏さんの4人ですが、このメンバーに固定するまで数々の入れ替わり劇がありました。

 

2008年の結成時の「ももいろクーロバー」時代には初代リーダー高城れにさん以外の4人は和川美優さん、伊倉愛美さん、高井つき奈さん、弓川留奈さんです。

 

マニア以外はほとんどわからないと思います。

 

その後最大で9人体制にまでなります。

 

2011年4月10日に現在女優の早見あかりさんが脱退して5人体制となり、みなさんがご存知の「ももいろクローバーZ」に改名します。

 

なぜももクロはメンバーの入れ替わりが激しいのか?

 

ももクロのメンバーの入れ替わりが激しい理由の一番は、マネージャーの川上アキラさんの「過激なプロレス魂」の注入です。

 

実は元ももクロのメンバーをご存知の方はわかると思いますが、元ももクロのメンバーってみんなかわいいし、第1線級のアイドル顔なのです。

 

おそらくももクロではなくAKBでデビューしていたら、そこそこ売れていたと思うくらいのルックスです。

 

その子たちがやめていった原因は川上アキラマネージャーの過激な演出に耐えられなかったのではないかと思われます。

 

つまり「ももくろ」はまともな神経ではやれないほど激しい要求をされていたと思えるからです。

 

有安杏果さんを含めた5人はそれに耐えて現在の地位を築いてきました。

 

現在4人体制になったことで川上アキラマネージャーは「ももクロ」に新たな仕掛けを用意していると思います。

 

最大にピンチこそが、むしろこれからの「ももクロ」の新しい進化の始まりの予感がします。