たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

スノボウェア、おすすめを紹介します

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

・スノボのウェア選びのポイントは

スノボのウェアを選ぶ際はいろんなポイントがあります。

1つは素材です。

防水や防風の機能を持つ透湿性機能を兼ね備えているものが、良いスノボのウェアと言えます。

また、外から入ってくる雪を防ぐパウダーガード、汗などで発生する内側の湿気を外に放出してくれるベンチレーション機能などもチェックする必要があります。

また、スノボのウェアは少し大きめのサイズのものを選んだ方が、滑るやすくなります。

・おすすめのスノボのウェア、7WEAR

まずは、このスノボのウェアです。

袖口や裾からの雪や、冷気の侵入を防ぐパウダーガードを備えているウェアです。

また、一緒に付いているズボンはアジャスター付きのものとなっており、サイズ調整を行っていくことができます。

そのため、状況に応じてサイズの調整ができるので、とても便利だと言えます。

薄いスノボのウェアになっていますが暖かく、普段の生活に中でも着ることができるスノボのウェアです。

・ノースフェイス

 

 

ノースフェイスのスノボのウェアも、良いポイントがあります。

まずは袖口がベルクロになっており、袖はコードで調整することができます。

そのため、外からの雪や風の侵入も防いでくれるので、寒さを感じないようにつくられています。

デザインの種類も多くあるため、自分の気に入ったデザインのスノボのウェアを選ぶことができます。

フードアジャスタコード付きでフィット感も抜群です。

・ダブルハードウェア

 

 

ダブルハードウェアは国内ブランドのスノボのウェアです。

初心者から上級者まであらゆる層から支持を受けています。

寒さを感じないように透湿性機能もしっかりしており、スノボのウェアなのにあまり厚くもなく、動きやすさもあります。

デザインもシンプルであるため、誰もが着やすい特徴を持っているブランドです

そのため、多くの人がダブルハードウェアのスノボのウェアを購入しており、人気のブランドとなっています。

・スノボのウェア ホールデン

 

2002年にプロスノーボーダーとデザイナーの2人によって設立されたブランドです。

フィット感と機能性に定評があり、誰もが寒さを感じず、ウェアの着心地も不快感を感じないようにつくられています。

細めのサイズが特徴となっているので、細めのスタイルのスノボのウェアを探しているならば、このブランドのスノボのウェアが良いと思います。

値段も高くは設定されていないのが良いところです。

・ボルコム

 

 

アメリカンベースのスノーボード、スケートボード、サーフボード専門のブランドです。

デザインに特徴があり、少し派手目ながらもかっこいいウェアとなっています。

スノボのウェアでかっこいいウェアを探しているならば、このブランドを確認してみると良いと思います。

色づかいもしっかりしているため、誰もが納得するデザインとなっているはずです。

 

・アナログ

 

最後にアナログというブランドのスノボのウェアを紹介します。

世界を代表するほどの有名なブランドであり、流行に合わせて工夫をして独自のデザインと機能性を追求しております。

サイズはオーバーサイズであり、ゆるく着ることができるようになっているので、着心地も満足できるはずです。

防寒もしっかりしており、スノボ以外でも寒い時期にこのスノボのウェアを着ることもできます。

デザインもシンプルなものが多いので、誰もが着ることができるスノボのウェアと言えます。

・まとめ

スノボのウェアにも多くのブランドがあり、そのブランドによって機能性やデザイン、サイズ感に違いがあります。

自分にぴったりのスノボのウェアを探せるように参考にしてください。