たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

嫁姑の不仲解消に

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

嫁姑問題は、どうしても起こりうることです。それは、他人なのでうまくいくはずがないのです。まして、姑は今まで生きてきたことを否定されることになるので、引き下がることが少ないのです。しかし、そんなことを言っても嫁のほうはたまったものではありませんね。そんな時、考え方次第でとても楽になる方法があります。その考え方や行動について、ご紹介します。

 

嫌なことは聞き流す

姑から嫌なことを言われることもありますね。しかし、姑としたらそんなに気持ちを込めて言っているわけではないのです。そんなことが多いのです。しかし言われた嫁としては堪らない気持ちになることも。相手の姑は、そんなに強い気持ちで言っていないと思って聞き流すようにしましょう。

 

年上であることをたえず認識する

目上の人には、礼儀として敬う姿勢が大切です。そのため、姑に対しても年上であることは間違いないので、その気持ちを持つようにしましょう。それは、とても大切なことです。実際に、年上であるのでよいことやタメになることを言ってくれていることが多いのです。そのことに後になって、気づくこともあります。年上の姑が行っているのだからと、敬う気持ちを持つようにします。

 

腹がたったらその後に解消する

同居をしている時等、腹が立つこともありますね。それは、全くの他人が一緒に生活をしているのであたり前にあることです。生活習慣が違うので、その点でまず戸惑います。その時、そのイラっとした気持ちを別のことで解消しましょう。その時に姑に話してしまうと、後でこじれることもあります。その時は、納得したようにして、その後にストレス解消としてスポーツ等を行いましょう。

 

夫の母親と思うことが大事

夫と一緒に結婚できたのは、その姑がいたからと思うことが大事です。もしも姑がいなかったら夫と出会うこともないのです。そのように思って、大切な夫の母親に感謝の気持ちを感じましょう。

 

贈り物をする

贈り物を、定期的に行うようにします。それは、二人の関係をよくするためです。よい関係と思っていても、姑は姑で考えている視点が違う場合もあります。その為、良い関係を築くために時々プレゼントをするようにします。そしてそれは、決して高いものでなくてもいいのです。姑が好きなケーキなどで十分です。年を取ると、高価なものよりもそのプレゼントしてくれた気持ちが嬉しいと思えるのです。すると、わだかまりがあっても、すんなりと溶けることが多いです。気持ちの中であったとしても、それを安くてもいいので形としてプレセントをすると、嬉しいものなのです。

 

笑顔を絶やさない

笑顔でいる事は、とても大切なことです。それは笑顔でいると、周りの人が明るくいることができますね。また嫌なことがあっても、笑顔でいることにより、自分も明るくなることができます。姑は、近所の人などの評判が気になります。近所の人の評判をよくするためには、くらい顔よりも明るい顔がいいですね。

 

時々愚痴をこぼす

姑のことで怒りがおさまらないこともあると思います。その時には、信頼できる友人に愚痴をこぼしましょう。その時、思いっきり愚痴をいいます。愚痴をいうことにより、スッキリとなるのです。誰かに話をすることは、自分の気持ちを整理するためにもとても良い事です。同じ姑のいる人なら、より気持ちを理解してもらうことができますね。ただ、この人なら信頼できる、愚痴がほかの人の漏れることがないと言う人を、選択するようにします。

 

嫁姑問題は、一気に解決できません。ずっと一緒にいることになるので、気持ちを切り替えることが大切です。そんなこともあると、軽い気持ちでいることが大事ですね。すると夫とも、うまくいくコツとも言えます。