たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ダイエットをするなら無理なく、リバウンドのない方法で

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

ダイエットを始めるタイミングについて

ダイエットを行おうと考えるには人それぞれのタイミングがあるでしょう。例えば、礼服やスーツが入らなくなった時、さらには行事ごとがあって、体のラインを絞りたい時、健康診断の前に体重を落としたい時、または新たなスポーツを始めようとするときなど。

人生には様々なタイミングがあり、不思議なくらい新たなスタートをしようとした時にはダイエットをしようと心に一度は思い浮かべてしまうものです。もちろん、ここで一念発起してダイエットをしようと実行に移す者がいたり、実行に移してもなかなかその成果が出ない者、また成果が出てもリバウンドしてしまうものなど。

 

リバウンドをしてしまう必然性

実際にダイエットを行なっても怖いのがリバウンドなのです。特にダイエットを急激にそれも無理な方法で短期間に実施したのであれば、なおさらです。また、食事を極端に落としたダイエット方法であれば、いったん減らすことができた体重もあっという間に戻ってでしょう。同じように運動を極端に増やしてダイエットした場合も同じように考えれれます。

残念ですが、無理なダイエットに関しては一時的にはその成果を収めるかもしれませんが、恒久的な成果に結びつかないことを心得ておくべきです。そして、年齢とともにこうした無理なダイエットは体にも負荷をかけるので健康上もよろしくないことといえます。

 

ジムに通うべきか

具体的に運動をすることで体重を落とすパターン。これは非常に効果的だと言えます。特にスポーツジムなどに利用料金を支払えば、自分自身のお金を無駄にできないからというプレッシャーにもなりますから、通うことを習慣にすることも可能です。しかし、効果的なダイエットができる運動は自分自身でどのように行えないのか素人でわかるでしょうか論、運動をすることで健康的にはなるでしょうが、残念上がらそれが直接ダイエットにつながるかどうかまでは断言できません。

 

器具を活用した運動、ダイエットの有効性

では自宅に運動器具、あるいはダイエット器具と呼ばれるものを購入してダイエットを試みて成功するでしょうか。こちらは自分自身の意思が強くなければ継続することがまずは難しいです。さらにはスポーツジムと同じように指導者、的確な運動方法がわからないので成功するかどうかはかなり難しいと言えるのではないかと思います。

 

無理のないダイエット

では実際に無理のないダイエットとはどのようなものがあるでしょうか。簡単にいうのであれば、とにかくリバウンドしないように目標設定も現実的なものとすること、そして毎日継続できるメニューを考えることです。例えば、食事です。勤務時間中の間食は控える、夜の9時以降は食事を摂らない、3食をきちんと規則正しく食べるといった基本的なところだけです。多少たくさん食べたとしても上記を守っていれば、食事が元でダイエットが失敗に終わることもありませんし、リバウンドもしません。

次に運動です。スポーツジムに行ったり、運動器具を購入したり考えようによっては様々なものがあります。しかし、まずは毎日歩くことだけでも十分にダイエットにつながります。毎日一万歩というだけでも十分に問題なく運動できているのです。普段から万歩計でこの筋を目標に数字を置きましょう。

そしてから多少は自分自身に負荷をかけるとしたら、20分以上のウォーキングを毎日ここに入れることです。もちろん、これは最初は抵抗があるかもしれません。しかし、慣れて仕舞えばこれも全く問題のあるものではありません。一度はダイエットに成功した後もこれをしっかり継続していけば、リバウンドはまずないと言えるでしょう。また、こうしたダイエットを契機に新たなスポーツでも始めればさらなる効果を図ることが可能だと思います。

 

継続こそダイエットの成功の元

上記の通り、ダイエットは決して無理をするべきではありません。むしろ、毎日継続できること、そしてダイエット後も継続して毎日続けられることを自分で見つけることが何と言っても必要になってくるのです。食事や簡単なウォーキングがこれに当たると思います。そして、ここにスイミングなどをふくめれば、それこそ、最高の効果を得ることが可能になってきます。多少の個人差はありますがこうした毎日のメニューを習慣として、良い意味でのマンネリズムを構築することでダイエットは成功になります。そして、こうしたマンネリズムやルーティンを構築することにはかなりの時間がかかります。ですからダイエットを行うに当たって、目標は多少でも中期長期としておくべきかと思います。

これも無理をしてリバウンドにつながらないようにするためのポイントになります。

このようにダイエットを志す方々、それも年利や性別を問わず、考え方をしっかり持っておけば、成功への近道になると言えるのではないかと思います。