たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

様々な顔を持つメンズウールパンツでおしゃれを楽しむ

 

かしこまった印象を与えるのが一般的

パンツに使用される生地は様々です。その中でも比較的価格が安く、それでいて丈夫なコットン素材のものは多くの人によって好まれています。

その一方で高価な生地であるウール素材のパンツは高級感を漂わせます。もちろん最近では価格がリーズナブルなものも販売されているために、比較的安価でウールパンツを購入できるようになりました。

しかし素材が持つ雰囲気により、やはりかしこまった印象を与えるのが一般的です。ではこのウールパンツを用いてのコーディネートについて見ていくことにしましょう。もしかすると形や色によって様々なファッションが楽しめることに、驚かれるかもしれません。

 

ジャケットスタイル

やはりウールパンツの基本はジャケットスタイルに合わせるというものです。ネイビーのジャケットにグレーのウールパンツや、逆にグレーのジャケットにネイビーのウールパンツといったスタイルは定番中の定番です。

最近ではゆったりとしたファッションアイテムを用いることが流行っていますが、ジャケットスタイルの場合はジャストフィット、もしくは細身のアイテムを用いる方がスマートに見えます。またジャケットのウエストに絞りが入っているか、パンツの裾をシングルにするか、それともダブルにするかといった違いによっても見栄えが大きく異なってきます。

加えてジャケットの下に着用するシャツの色や、ネクタイを使用するか、それともノータイとするかによっても見栄えが大きく変化しますので、合わせるアイテムを代えることによって様々なファッションを楽しむことができます。

 

アンクルパンツスタイル

ウールパンツが持つかしこまった印象を少し崩したいと感じる人におすすめなのが、ウール素材のアンクルパンツです。アンクルパンツとは丈が短めにできているパンツのことで、くるぶしが見えるのが特徴です。

細めのウールアンクルパンツに細身のニットを合わせたり、シャツを合わせるなどすれば多少砕けた感じを醸し出しつつも、おしゃれなファッションとすることができます。またこのウールパンツは裾が靴に触れることがないために、すっきりとはきこなすことが可能です。そのためパンツの形がいつもきれいに保たれるという特徴を有しています。

 

大人のウールパンツコーディネート

冒頭でも述べたように、ウールパンツにはかしこまった印象を抱かせるという特徴があります。そのため大人を感じさせるコーディネートにはぴったりのアイテムです。

たとえば細めのタートルネックのニットにグレーで細身のウールパンツを合わせ、ベージュのシングルコートなどを着用すればクールなファッションとすることができます。またチェックのウールパンツにシャツを合わせ、その上にVネックの細身のセーターなどを着用してもおしゃれな大人ファッションとすることができます。

 

太めのウールパンツ

これまで考えてきたようなウールパンツが待つイメージを覆すようなアイテムが、太めでゆったりとしたデザインのものです。基本的にはトップスに細身のものを合わせることでバランスを保つことができます。

そのため細身のGジャンを着用したり、レザージャケットなどを持ってくることもできます。しかし太めのウールパンツはコーディネートが難しく感じられるアイテムでもあるために、おしゃれ上級者向けであると言えます。

 

きれいめファッションが好みの人におすすめ

これまで考えてきたように、ウールパンツはかしこまった印象を与えるアイテムです。そのためきれいめファッションが好みであるという人におすすめできるものです。またトップスやアウターのチョイスによっては革靴を合わせ、かしこまった場所に顔を出すこともできますので、使い勝手の良いファッションアイテムと言うことができます。

チャコールグレー(C06) 30 Kai-aakmann カイアークマン メンズ サルエル ウールパンツ K138-575(チャコールグレー)