たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

メンズスーツを選ぶポイントは何?数あるスーツの中から自分に合ったものをチョイスするための注意点をご紹介します!

 

スーツの悩み

これからスーツを購入しようとしている男性は多いはずです。しかし初めてのスーツの場合、どのようなものを購入したらよいのかで迷ってしまうことがあります。またこれまでスーツを何着も購入したことがあるものの、いまいち自分にフィットしたものに出会えていないという人も少なくありません。

ではどのような点を考慮してスーツ選びを行えばよいのでしょうか?この点について考慮する前に、スーツや各パーツの種類について知っておくことは大切です。ではまずパーツの呼び名や種類について見ていくことにしましょう。

 

ラペル

ラペルとはいわゆるスーツの上着の襟のことです。ラペルは大きく分けると2種類に分類されます。それはノッチドラペルとピークドラペルです。ノッチドラペルとは一般的なスーツの襟のことを言います。それに対してピークドラペルは襟が立ち上がった形をしています。

一般的にはノッチドラペルはシングルジャケットスーツに使用され、ピークドラペルはダブルのスーツに使用されます。しかしピークドラペルは縦のラインを強調する役割を果たすために、最近では細身のシングルジャケットスーツに使用されることもあります。

(スミスアンドスコット) Smith & Scott 全14タイプ メンズ ラペル ピン ブランド ネクタイ 成人式 二次会 プレゼント にも ラペルピン 鳥 動物 13 Pipe プレゼント ボックス なし

ポケット

スーツのジャケットについているポケットは主に3つです。1つは胸にそして他の2つは両サイドの脇についています。サイドポケットにはフラップと呼ばれる蓋がついているのが一般的ですが、中にはフラップのないジャケットを採用しているスーツも存在します。

また右のサイドポケットの上に小さなエキストラポケットがついているものがあります。このポケットはチェンジポケットと呼ばれるもので、コインをしまっておくために施されたものです。

またサイドポケットが斜めにつけられているジャケットもありますが、このようなポケットはスラントポケットと呼ばれています。このようにポケットを斜めにすることで手を入れやすくするというメリットがもたらされます。

 

ダーツ

これはジャケットのウエスト部分に絞りを入れるための縫い目です。細身のジャケットであってもダーツが入っていないものは直線的な形になりますが、ダーツが施してあるものは体によりフィットし、スリムな印象を与えます。

 

袖ボタン

袖にはいくつかのボタンがついています。ブリティッシュスーツの場合は4つ、そしてアメリカンスーツの場合は2つの袖ボタンがつけられるのが一般的です。現在のスーツの多くは袖ボタンを飾りとして取りつけていますが、本切羽と呼ばれる仕様は実際に袖が開閉できるようになっています。

 

ベント

スーツジャケットの背面の下方には切れ込みが入っています。これはベントと呼ばれています。ブリティッシュスーツには左右に2本、そしてアメリカンスーツにはセンターに1本のベントが入っています。中にはベントがないノーベントのジャケットも存在します。

 

プリーツ

これはいわゆるスラックスに入っているタックのことです。一般的なものは2プリーツ、1プリーツ、またはノープリーツの3種類です。またプリーツが内側に向かって折れているものと、外側に向かって折れているものとの2種類が存在します。

ちなみに伝統的なブリティッシュスーツには内側に向かって折れているプリーツが2本施されており、アメリカンスーツにはプリーツは使用されていません。

 

ブリティッシュスーツとは

代表的なスーツの形はいくつか存在しますが、そのうちの1つはブリティッシュスーツです。ジャケットはシングル3つボタンで、チェンジポケットつきのスラントポケットを採用しています。またウエストはダーツによって絞られています。

ちなみにジャケットの一番上のボタンは使用せず、2番目のボタンのみを掛けて着用します。なぜなら第一ボタンを掛けてしまうと緩やかにカーブしているラペルの形が崩れてしまうからです。またジャケットは細身であるものの若干長めにできており、バックには2つのベントが施されています。

そしてスラックスですが、先にも少し触れたように内側に向かっている2プリーツが施されています。また本格的なブリティッシュスーツのスラックスはサスペンダーを使用して着用されます。そのためベルトループがあるものと、ベルトループの代わりにアジャストベルトが用いられているものとの2種類が存在します。サスペンダーを使用する場合はスラックスの形が崩れないというメリットがあるために、現在でもこのタイプのスーツを好んで着用する人は少なくありません。

 

スーツ メンズ ビジネス ブリティッシュ 段返り 3ツボタンスーツ 洗える パンツウォッシャブル 3:ネイビーピンストライプ27E14-106-BE8

アメリカンスーツ

アメリカンスーツも代表的なスーツの1つです。このスーツはシングルジャケットの3つボタンで、一番上のボタンが施されているところには襟の折り目がついていることから、使用が不可能です。つまりブリティッシュスーツ同様、アメリカンスーツのジャケットの第一ボタンも飾りとして取りつけられています。

ジャケットには絞りがほとんど入っていません。また背面に存在するベントはセンターに1本だけです。そしてスラックスにはプリーツが入っておらず、ベルトを使用して着用するものとなっています。

 

ブリティッシュスーツ、そしてアメリカンスーツの着方は?

実のところ、ブリティッシュスーツとアメリカンスーツには着用に関するルールが存在します。まずブリティッシュスーツですが、このタイプのものを着用するときのシャツはワイドカラーシャツです。これは襟の広がりが大きいシャツのことで、太めのネクタイを締めるブリティッシュスタイルをより美しく見せる効果があります。またネクタイはノットと呼ばれる三角形を正三角形に近い形にするのが正しい締め方です。

 

 

その一方でアメリカンスーツに合わせるのはボタンダウンのシャツです。ネクタイはノットを縦長にして締めます。

 

 

伝統的なスタイルを考えると自分に合ったものが見えてくる

これまで見てきたように、ブリティッシュスーツとアメリカンスーツには若干の違いが存在します。現在市販されているスーツの多くはこの2つの種類を基にしてデザインされています。そのためまずは自分の好みはブリティッシュスーツに近いのか、それともアメリカンスーツなのかをはっきりさせることができます。

どちらかというとブリティッシュスーツをアレンジしたもののほうが多く見られることから、このタイプのものが高い人気を得ていることが理解できます。

 

現在のスーツの傾向

現在のスーツの傾向は、ズバリ細身であることです。このようなスーツは着る人をスマートに見せる効果があります。それでもスーツの種類によってはいくつかの違いが存在するために、これらについてしっかりと理解しておくべきです。

まずジャケットの長さですが、最近では短めのものが人気を得ています。

着ている人をスマートに見せるためには、縦のラインを強調する必要があります。そして短いジャケットを着用したときに縦ラインを強調するためには、スラックスを細めにする必要があります。そのため短めのジャケットを採用しているスーツの場合、スラックスがかなり細い可能性が高いと言えます。そのため体に密着するようなスラックスが苦手であるという人は、このタイプのスーツはおすすめできません。

しかし最近では裾に向かって幅が細くなっているタイプのスラックスを採用し、縦ラインを強調しているスーツも存在します。そうしたものの中には体にスラックスが極端に密着しないものもありますので、気になるものは必ず試着するようにするべきです。

また本来のブリティッシュスーツやアメリカンスーツは3つボタンジャケットを採用しているわけですが、どちらのスーツも第一ボタンは使用しません。こうした状況を考慮し、現在のシングルジャケットのスーツは第一ボタンを省いた2つボタンが主流となっています。またボタンを最初から2つにすることでVゾーンが広くなるわけですが、この点も縦ラインの強調に貢献しています。

 

カラー

スーツには様々なカラーが存在しますが、最近の人気はブラックカラーです。確かにブラックは何にでもマッチするカラーですので、シャツやネクタイを合わせやすいというメリットが存在します。しかし実のところ、ブラックカラーのスーツは冠婚葬祭用と決まっているのです。

最近ではこうしたしきたりは徐々に薄れていますし、スーツ量販店でもブラックカラーのスーツがたくさん販売されています。そのためこのカラーのスーツを着用しても、たいていの場合は問題はありません。しかし会社の上司などでスーツの着用に厳しい人がいる場合、この点を指摘されてしまうことがあるかもしれません。このような状況を避けたいのであれば、ブラックカラーは避けるべきです。

おすすめのカラーはダークネイビーやダークグレイの無地です。このようなものは流行がなく、尚且つシャツやネクタイも合わせやすいというメリットを有しています。もちろんストライプやチェック柄のスーツなどもおしゃれですが、これらよりも着回しが自由なのが無地のスーツです。

ちなみにストライプには縦のラインを強調する効果があります。そのためよりスマートに見せたいのであれば、ストライプのスーツを着用することができます。

 

スラックス

現在、スーツに採用されているスラックスは細身のものが主流となっています。上記でも少し触れましたが、極端に細いスラックスに抵抗を感じるという人は購入時に必ず試着し、感覚を確かめる必要があります。また細いスラックスは丈の長さによって見栄えがかなり異なってきます。

スラックスの裾が靴に触れてしまうとしわが寄ってしまいます。そのため裾の長さは一般的なスーツよりも若干短めにし、ノークッションとするのがベストです。また裾がしっかりしているとスラックスの形はきれいに保たれます。この点に重きを置きたいのであれば、裾をダブルにすることができます。幅は4.5センチから5センチ程度がおすすめです。

しかし身長や体形によってダブルの裾の幅は若干の調整が必要となりますので、スーツを購入するお店の店員さんの意見を尋ねるべきです。

 

シャツやネクタイ

スーツを着用するときに着用するシャツやネクタイのルールに関しては先ほど説明しました。しかし現在では伝統的なスーツをよりスタイリッシュにアレンジしたものが主流となっています。そのためシャツやネクタイに関するルールに従わなくても、おしゃれな着こなしが可能です。しかし思いに留めておかなければならない点がいくつか存在します。

まず襟の開きが狭かったり、襟そのものが小さいシャツには細身のネクタイを合わせる必要があります。このようなものに太いネクタイを締めてしまうと襟の幅やサイズとネクタイがマッチせず、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。また細身のスーツの場合、極端に太いネクタイはマッチしません。この点もしっかりと思いに留めておくべきです。

 

ベストの着用

スーツスタイルをよりかしこまったものにするアイテムの1つはベストです。伝統的なブリティッシュスーツには襟付きのベストを合わせるのが基本です。またアメリカンスーツの場合、襟なしのベストを合わせます。しかしこのルールも最近では変化しており、ブリティッシュスーツをモデルにしたものに襟なしのベストを合わせている3ピーススーツが多々販売されています。

現在のベストの主流は襟なしのものです。そのため襟なしベストを着用してスーツスタイルにアクセントを加えるのもおすすめです。

 

長く着用できる

現在流行っているスーツの形は、長きに渡って多くの人に支持されています。そのためこの形がこれから先も支持され続けていく可能性は高いと言えます。極端に細身のスーツに関しては流行が廃れる可能性もありますが、そうでないものに関してはしばらく着用することができます。こうした点を考慮し、カラーや生地などについてしっかりと思いめぐらし、自分に合ったスーツを購入するべきです。

最近ではオーダースーツの価格もリーズナブルなものとなり、自分にフィットするスーツをオーダーする人も増えています。しかし逆に市販されているスーツは形が決まっており、それを着用することで自分の体型をかっこよく見せることができると感じている人もいます。こうした点も考慮し、自分はオーダースーツ、もしくは市販のスーツのどちらを購入すべきなのかを決定することができます。