たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

トレンドから定番に?活動的で優雅なガウチョパンツコーデ!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

2016年頃から流行している「ガウチョパンツ」。幅広なパンツのトレンドと共にずいぶん流行りました。7部丈が基本といわれたガウチョですが、最近では5分丈、9分丈などもポピュラーになっていて種類も豊富です。

 

2017年はガウチョ全盛でした。来季もトレンドが続くか微妙ですが、活動しやすいのが特徴のガウチョパンツは、もはやトレンドから定番の必須アイテムに変化しつつあります。そんなガウチョパンツの基本的選び方と、コーデを紹介しましょう。

 

1.ガウチョパンツ」の特徴

 

ガウチョパンツ」とは、すそに広がったひざ下七分丈のパンツのことを言います。その特徴は足首が開放されているので動きやすく、活動的な人に向くアイテムと言えるでしょう。その一方でシルエットきれいですし、フレアーが多いのを選ぶとスカート派の人に受け入れやすいという特徴もあります。

 

ガウチョパンツ」はくるぶし丈が定番でしたが、トレンド全盛になって9分丈の「ロングガウチョ」とか、ひざ丈の「ショートガウチョ」のパンツも発表され人気です。そんななか、どんな選び方をしたら良いのか迷ってしまいますね。まず身長で選びましょう。

 

2.身長で丈の長さを決めるのが基本! 

 

♦身長が低めの人

特に身長が低めの方は、ショート丈やミモレ丈を選んで、トップスをコンパクトにまとめましょう。ひざ下、ふくらはぎ辺りの丈で落ち着いたカラーを選ぶといいでしょう。また、トップスをインして着るとすっきり着こなせます。

 

背の低い方がロング丈を選ぶと、重心が下がりすぎてバランスが悪くなってしまいます。また、色もダーク色を選ぶと、ガウチョパンツだけが主張されすぎた感じになってしまいます。アウターについては、ショート丈がフィットします。

 

♦身長が高めの人

身長が高めの方はどんな丈でも着こなせますが、身長を生かしたおしゃれをするのならば、ロング丈を着てみましょう。特に、薄手の素材でシルエットがきれいなものを選べば、おしゃれに見えます。

 

ただ、厚手の素材を選ぶ場合はボリュームがですぎる可能性がありますので、その場合は丈の長さを考慮してみてください。背丈が高い人でも、一般的にアウターのコーデはショート丈で合わせます。

 

3.素材で選ぶコーデ!

 

♦ジーンズ素材のガウチョパンツ

ガウチョパンツの定番素材はジーンズです。もともとカジュアルな南米スタイルから来ていますので、ジーンズのようなカジュアル素材と相性がよく自然です。オフィス使いには向きませんが、普段使いやカジュアルなお出かけにはラフで重宝します。足元にはスニーカーを履いたり、ソックス等でバランススをとってもいいですね。

 

トップスはニットでも合いますし、コットン素材のカットソーなどとも相性がいいのです。ジーンズですから、どんな色でる相性はいいでしょう。せっかくなので、2018年トレンドのイエロー、薄紫、ピンク、レッドなどのビタミンカラーで遊んだりしても楽しいリではないでしょうか。

 

♦ポリエステル素材のガウチ

オフィスコーデにガウチョを取りいれるならば、ポリエステル素材が適当でしょう。ごわつきがないので、きれいめファッションな着こなしが演出できるでしょう。シワになりにくく価格もリーズナブルですから、ボトムスとして気軽に取り入れやすいのもポイント。

 

お手入れも簡単!きれいなラインを出してくれるので、コーデもしやすい素材です。トップスの工夫でコーデのバリエーションも広がります。同じポリエステル素材のトップスが、一番相性が良いでしょう。

 

♦プリーツ加工したガウチョはトレンド全盛!

プリーツは2017年のトレンド素材で、細めプリーツでシフォン素材の生地が人気でした。布地が薄いので、スカートのようなゆれ感を演出してくれるのも特徴です。トップスのカラーを選べば、ちょっとしたおしゃれ着としても活用できるでしょう。

 

トップスについては同素材のものがしっくり合うでしょう。色はガウチョパンツの色にもよりますが、来季に着用するのならば、若々しさを強調する明るい色使いがフィットするでしょう。薄藤などのバイオレット系のバリエーションもすてきですね。

 

4.無地で選ぶ?柄で選ぶ?

 

布地の素材以外にも、チェックしたいのは柄です。2017年にトレンドだったのは花柄、チェック柄、幾何学柄、ドット柄などでした。来季トレンド予想されているのはドット柄、ペズリィ柄。ストライプや花柄は来季も続行しそうですから、来季も取りいれていくとトレンディさも演出できるでしょう。

 

♦花柄

2017年のトレンドはボタニカル柄。濃い色目の生地に、花柄がプリントされているのが王道です。どちらかといえば細かい花柄のものが多いのですが、繊細でスイートな印象を演出したい方におすすめしたい柄です。

 

小柄な方は小花模様がフィトします。素材もポリエステルなどの化学繊維のものか

らコットン素材まで多様ですが、コーデとしては花柄の一色をトップスに持ってくると、トータル感が出て失敗は少ないでしょう。

 

♦ストライプ柄

ガウチョパンツに、よく合うのが「ストライプ」柄。ストライプ柄は下半身をすっきりみせてくれる効果があるため、ふくよかさかなタイプの方におすすめしたい図柄です。縦線は脚長効果も得られます。個性的な図柄でもあるので人と違うものを好む方には、ストライプ柄はおすすめです。

 

トップスをカラフルなものにしても、コーデしやすいのがこのストライプ柄の特徴。トップスとのコーデは補色カラーのコーデを楽しんでも良いでしょう。

 

5.トップスのカラーコーデは?

ガウチョパンツにどんなトップスのカラーをあわせたらいいのかまとめておきましょう。来季のトレンドカラーはレッド・ピンク・イエロー・マリンカラー・薄パープです。来季春夏ファッションについては、トップスに明るいビタミンカラーを選ぶことで顔の表情を明るく演出することができます。

 

一般にガウチョパンツには、カラー統一するよりも別のカラーを合わせることでその魅力やビィビィドなキュート感が生まれます。トップスで統一するのでなく、小物のソックスやスニーカーあるいはスカーフなどをあしらってカラー調節をしましょう。アクティブなアイテムをガウチョパンツに足し算することで、色バランスを取ることができるでしょう。

 

まとめ

 

シンプルコーデとして、2017年ブームを巻き起こしたガウチョパンツですが、このブームが2018年以降も続くかというと微妙です。しかし、幅広ボトムスのワイドパンツ系のブームは来季も確実にあるようですから、ひょっとしたら続くかもしれません。

 

ただ、ガウチョパンツのはきやすさ、活動的なことなどは女性を魅了しています。ガウチョパンツは、今後はトレンドを越えて定番アイテムとして定着していくかもしれませんね。

(アンスクリプト)Unscript レディース ふんわり ニット シンプル ガウチョ パンツ ワイド パンツ ブラック (L)