たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

あなたの便秘の悩み!すっきり、さわやかに解決します。

 

便秘の人は意外にも多いものです。

便秘になると良くない点として、たまにだったらまだいいのですが、長引くと痔の原因になったりします。

実際長期の便秘になり、肛門が切れることを繰り返し、切れ痔になった人がいます。

またそれだけでなく、大腸の健康にも支障をきたし、大きな病気になる可能性もあるもので、体に毒素がたまるという体全体への影響も大きいものです。

その他にも肌荒れの原因や、吹き出物の原因など、便秘であるという状態はそれだけでも大変ですが、他の面でみてもよい事が一つもありません。

そういう便秘ですが、誰でも好きで便秘になっているという訳ではないようです。

しかし、全てのものには原因があるもの。

一つ一つその原因を取り除く努力が必要なようです。

 

1)肉は1、野菜は3の生活

完全に肉を止めましょうというと、それは無理というものです。

正直な話、便秘の人で肉を一切食べないという人は聞いた事がありません。

日本人は本来穀物が主食の民族だっただけに、西洋の肉食の民族に比べて腸が長い!

というのはある程度知識のある人だったらご存知のことだと思います。

それで肉を消化して出て行くのに、長い時間がかかってしまうのです。

穀物であるならば、消化するのにそれほど時間がかからないので、長い腸であったとしても大丈夫ですし、穀物には長い腸のほうが栄養素を吸収するのにも便利に出来ているようです。

肉をよく食べるようになったものの、そういう遺伝子的なものが、そう簡単に変化するという訳でなく日本人の体となっているようです。

そういう体の構造の話を聞いたとしても、西洋化した生活に取り入れるのは難しいもの。

それで工夫が必要なようです。

肉を食べる時は、必ずその3倍の野菜、特に植物繊維のたくさん入った野菜を食べることです。

お好み焼きなどに使われるキャベツなどは植物繊維が多いので、料理にたくさんの量を工夫して取り入れることをお勧めします。

ドリンクも植物繊維のドリンクを飲むことも心がけるといいでしょう。

主食といえるご飯ですが、白いご飯が一番美味しいかもしれませんが、麦などを入れて雑穀ご飯にするほうが便秘解消の近道です。

腸の掃除をしてくれます。

また、こんにゃくは胆石などの原因になる体にたまる石の掃除にいいといわれますが、ダイエットや便秘にも効果がある食べ物なので定期的に摂取するといいようです。

 

2)腸の働きを活発にする努力

野菜をたくさん食べて消化をよくする努力をしたならば、腸内を活発にしてさらにそれを促す努力をするのがベターです。

ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌の食べ物、飲み物は毎日出来たら朝夕の2回摂取することをお勧めします。

ちょっと食べてお通じがよくなったと安心してはいけないのです。

この種類のものは、長期で摂取して体質を改善することが必要です。

 

3)毎日の適度な運動

食べ物以上に大切なのは、体を動かす事です。

体を動かす事と、便秘といったい何の関係があるんだろうと思いがちですが、大いに関係があるのです。

新陳代謝が悪くなり胃腸の動きが鈍くなると、それが消化不振便秘へと連結されるからです。

毎日の仕事でとうていできないという場合は、ラジオ体操だけはするとか、柔軟体操を5分する、ヨガの基本を5分など。

本当に一日5分でもいいので、体の血の流れをよくしてあげるのがいいです。

室内でするならば、本を買ってヨガの中の腸の働きをよくする、便秘解消のポーズなどをするといいでしょう。

わざわざヨガ教室に通わなくても、基本的なポーズならば自分でも出来る簡単なものが多いものです。

 

4)インスタントだけの食事や、お菓子などの間食に要注意

便秘の時だとできたら、止めたほうがいい項目なのですが、しかし現代人としては難しいもの。

インスタント食品の中には、ファーストフードも含まれます。

もちろんそういう食べ物を食べたとしても、それの3倍くらいの野菜を一緒に摂取するならば問題はないものです。

そうでなければ、果物を摂取するなどの努力が必要になってきます。

小麦類は消化がいいという話を聞いたりしますが、しかし以外にもそうではないのです。

お腹の中で膨れるので、満腹感は早く来るのですが、実際の量はそれほど多くなくすぐにお腹がすくのですが、お米などに比べると消化はよくないのです。

それでそれを助ける野菜や果物などが必須になってきます。

カップラーメンにおにぎり。

ハンバーガーセットだとしても少しのレタスとフライドポテトなど、本当に野菜が少ないのです。

ドーナツや、パンとコーヒー。

これもお腹にたまったとしても便秘を促進してしまいます。

経済的にどうしても難しい場合は別として、便秘を本気で解消したいならば、サラダパックや果物のパックなどを別途に購入して、一緒に食べる努力が必要です。

もちろん間食にも同じ事が言えるようです。

最後に

最後の締めくくりとして、心の問題も大きいものです。

ストレスも体の内蔵の働きを弱くしてしまいます。

テラピーのお風呂に入る、リラックスする音楽をきく。

日ごろストレスや疲労をためないようにする工夫が必要です。

一つ一つ守れたならば、すっきり、さわやかに便秘解消は間違いありません。