たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

風邪の季節にお勧めの漢方薬、麦門冬湯(バクモンドウドウ)をご紹介

昨年もインフルエンザで随分と苦しみました。そして今年も風邪をひきました。自分は風邪を引いた時、肺に持病があるせいかすぐ咳こんで痰を上手く出せないでいました。咳があると夜眠れませんし、寝られない事が病状を悪化させる悪循環は皆さんも経験をしているのではないでしょうか?そこでうちの近くのかかりつけ医院で頂いた、麦門冬湯(バクモンドウドウ)という漢方薬です。びっくりするぐらいよく効きます。

 

この薬は空腹時に飲むことが効果的です。痰が出にくいよういんとして、肺自体に水気がない事が要因らしいのですが、この漢方薬は痰を水気のある状況に持って行ってくれるので、痰をゼリーのように出しやすくしてくれるのです。出るとやはり体が楽になって、咳も徐々に少なくなっていきます。何より深夜に咳が出なくなっていくので、風邪ではなくよく夜中に咳が出るあるいは、治りかけの風邪の時には医学的には判明してないらしいのですが、咳が出る傾向があるらしいのですがそうした症状に、効果があると経験上言えると思います。

 

今回病院で頂いたんですが、ネットでもこれは販売しているようです。病院でもらうのもいいのですが、もしかしたら薬局でも相談するとあるかもしれません。風邪の時に自分は胸が苦しくなるので、この緩和の為にも役にたっています。熱を下げる効果とかはないかもしれませんが、体が幾分楽になります。

 

価格もそう高いものでもないようで、どうも漢方薬なので昔からあるようなのですが、自分も病院で出してもらって始めて知ったので、知らない人もいるかもしれません。漢方薬の割に、それ程飲みにくいということもありませんでした。確かに苦みは独特ですが、でもどうしても飲めないというレベルのものでもありません。難点なのが、空腹時に飲むので苦いまんま暫く口の中はまずい状態になります。これが難点ですね。でも飲んだだけの効果が期待できるので、私は常に薬箱に常備しています。これから冬場にかけて、風邪がはやる時期なので持っておく事をお勧めしたいと思います。

 

ただし薬なので副作用もあるようです。インターネットでも販売しているようですが、ごくまれに重篤な副作用を招く恐れもあります。私は通院して、医師の指示に従って処方してもらうのがベストだと考えます。ただ薬自体は、副作用はかなり少ない部類の薬だと思います。自分は飲んでいてそうした不具合を感じた事はありません。是非検討してみてはいかがでしょうか