たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

足冷えで眠れない人は日本酒で冷え性改善!

足が冷えて寝付けなくて困ってる人に是非試して欲しい方法を紹介します。

それは日本酒を飲むことです。

では何故日本酒が冷え性改善に役立つのかについて説明していきます。

 

日本酒は体温上昇効果が高い

 

アルコールを飲むと体温上昇するというのは常識だと思います。

しかし日本酒はアルコール類中でも随一の体温上昇効果を持ってます。

確かにアルコールは体内に入るとアセトアルデヒドに分解されます。

このアセドアルデヒドには血管を拡張させ、体をポカポカ温める効果があります。

日本酒はアルコール度数高いのだから当たり前だと思う方もいるでしょうが、それだけではありません。

 

日本酒にはアデノシンという強力な血管拡張物質が含まれている為、他のアルコール類より体温上昇効果が高いんです。

実際アルコール度数25%の焼酎とアルコール度数15%の日本酒を飲み比べ実験をした結果、日本酒の方が高いという結果も出ています。

 

飲む量と温度について

 

酒は百薬の長、冷え性改善効果もある、といっても飲む量は考えなくてはなりません。

必要量はオチョコ一杯分もあれば十分です。

オチョコニ杯で飲み過ぎってぐらいです。

これなら酒に弱い人でも飲める量ですし、この程度の量なら翌朝には完全にお酒は抜けてます。

 

日本酒の飲み方についてですが、常温や冷酒でもOKです。

熱燗にした方が体温上昇効果は上がりますが、そこまでしなくとも十分な体温上昇効果を得られるからです。

 

就寝前に日本酒をオチョコ一杯飲むだけで足冷えは驚く改善しますので、気になってる方は一度試してみてください。