たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

家庭でカンタンにできる、冷蔵庫の最強節約術7選!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

 

冷蔵庫の温度設定を弱くしよう!

 

冷蔵庫を無駄に冷やしすぎると、消費電力がかかってしまうので、

「強」「中」「弱」のダイヤルで調整して、

温度を適正にすることで節電につながります。

 

 

壁と冷蔵庫に間を作って、設置しよう!

 

冷蔵庫自体に熱がこもってしまうと、それを冷やそうとして

余分な電力がかかってしまいます。

なので、壁から冷蔵庫を離して設置することによって

冷蔵庫の熱が放熱されるので余計な電力がかからず節約になります。

 

 

冷蔵庫内を整理整頓しよう!

 

冷蔵庫内にものが多くあると冷風が回りにくく、冷えにくくなってしまいます。

逆に、物を整理整頓したり・物を入れすぎないようにすると、

冷風が回りやすくなって、庫内が冷えやすくなるので

無駄な電力を使わず節約になります。

また、整理整頓する際には、冷風口をふさいでしまわないように気を付けましょう。

 

 

冷蔵庫内の冷気を逃がさないようにしましょう!

 

冷蔵庫は、庫内の温度が上がってしまうと再度冷やそうとするため、

余計な電力がかかってしまいます。

なので、冷蔵庫を開けるときには開ける時間を短くするなり

無駄な開閉をしないよう心がけて冷気が逃げないようにしましょう。

また、冷蔵庫内にカゴなどを置いて物を分類することによって、

取り出しがスムーズになって開ける時間の時短になるし、

ごちゃごちゃしていないので、スッキリします。

また、市販されている冷蔵庫用のカーテンを使用することでも、

冷蔵庫内の冷気を逃がさない節約術にもなります。

 

 

冷蔵庫のドアパッキンを定期的に好感して節電しよう!

 

冷蔵庫のドアパッキンがゆるんでいると、そこから冷気が逃げてしまうので、

無駄な電力がかかってしまいます。

パッキンのゆるみの確認方法は、冷蔵庫のドアを閉めるときに紙を一枚はさんでみましょう。

その時に、紙が落ちてくるようであれば、パッキンがゆるんでいるので

交換をしましょう。

 

 

急速冷凍機能を使わないようにしよう!

 

食べ物を美味しくホームフリージングするには、急速冷凍が必要ですが、

急速冷凍をするためには、その分の電力を多く消費

してしまうことになってしまいます。

仮に、節電をしながら急速冷凍をしたい場合は、冷凍したい食材を

なるべく短時間で冷凍されるように薄く小さくして短時間で

冷凍されるようにしましょう。

 

 

夜間モードをうまく利用しよう!

 

冷蔵庫の中には、「夜間モード」と言われる物がついている

物があります。

夜間はほとんど開閉することはないので、温度設定を多少ゆるめて

節電するモードとなります。

また、夜間だけでなく日中仕事に行っていて、家にいない場合にも夜間モードを設定することによって節電になります。