たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

効率の良いダイエットには筋トレが第1です!

 

・恐怖の宣告

私は38歳で会社員をしています。

1年前、身長は170cmで体重は80kgまで膨らんでいました。

その原因は不摂生と運動不足。

お酒や焼肉が大好きで週末は友人や会社の同僚といつも飲みに出掛ける日々。

そして休みの日は家でゴロゴロしながらテレビを観て過ごすというぐーたら生活を送っていました。

そのおかげですっかりメタボ腹。

そんなある日、健康診断の結果が届き、腹囲90cmメタボリックシンドロームと診断され、中性脂肪はなんこ400超え。

医師からは「このままだと成人病になっちゃうよ。ダイエットしなさい。」と忠告されてしまいました。

その結果を見て強いショックを受け、長生きする為に真剣にダイエットに取り組むようにしました。

 

・間違えたダイエット方法

とりあえず焼肉や飲酒は控えるようにし、仕事終わりに毎日5kmほど走るようにしました。

最初の2週間くらいで2kgくらいは一気に痩せたのですが、その後は停滞。

走る事もだんだん苦痛になってくるようになり、結局途中で挫折してしまいました。

走る事をやめるとたった1週間で体重は元どおりに。

1人で解決するのは無理だなと考え、スポーツジムに通ってトレーナーの方の指導を受ける事にしました。

 

目から鱗!ダイエットの鍵は走るよりも筋トレだった。

スポーツジムのトレーナーから「まずは筋肉をつけて基礎代謝を上げる必要があります。ランニングは筋肉量が少ない時に行っても効率が悪いだけであまり効果は期待できません。とりあえず週2回、しっかり身体を追い込んで、2ヶ月で結果を出しましょう。」と指導されました。

ジムでのメニューはベンチプレスとラットプルダウン、クランチ、スクワット、カーフレイズという全身を満遍なく方法を3set、いずれも限界まで追い込んで行われました。

トレーニング後はトレーナーの指導の元、プロテインの摂取。プロテインはトレーニング後だけでなく、就寝前や休養日にも摂取するように指導されました。

きついトレーニングによりいつも身体が壊れそうになる程の筋肉痛。

最初は逃げ出したくなりましたが、継続して行くと習慣になり、その内運動の刺激を求めるようになりました。

2ヶ月のトレーニングが終了し、体重は何と10kg、ウエストは11cmもマイナスになり、身体も筋肉質のいい体に変身していました。

その後は食べる事よりも、運動が趣味になり、今では気持ち悪いくらいのマッチョマンです。