たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ニット・ワンピースに関して その未来と意味について

私は40代男性、ファッションヲタクと言われます。ちょっと違った観点からコメント致します。ニット・ワンピースというのは、かるいイメージがありますが、本気になれるときもあるのです。守られた環境にある人が自信を持ってサイドに付くイメージがあります。

 

ニット・ワンピースの類

 

 

ニットの種類

ニットと言うのは、元来生地のことを総称して言われています。これは、生地素材要するに、ファブリックのはなしです。実際、ニット帽と言う言い方より、女子用であれば、ワンピに近い形での、グレー系といったところでしょう。

この、ニット繊維という編み方は、本来手編みで出来るものではなく、綿繊維を基調とした、通常の編み方とは違う製造工程でなされています。

ニット繊維と言うのは、弾力・伸縮性・吸水性に優れるという点で、インナーにも使用され得ますが、アウターでの使用もある訳になります。

アウターでニット繊維を使用すると、ボディラインが美しく見える事もあり、少々、ラインに自身のある女性であるなら、気安いでしょう。

 

ワンピースの種類

ワンピースは省略して、ワンピとも言われます。ワンピース自体は、要するにトップ・ボトムを連結した、スカートタイプというかたちです。その中間にワンピ専用のベルト・ハーネスのあるのもあります。そして、ワンピースと言う特質上、通気性がいい、快適、そして楽であることが、充分楽しめるものになります。

もちろん、仕事着としては相応しくないので、オフの日の軽快さを演出するのには最適です。

インナーとしても、このワンピタイプは優れている点があり、かえってパジャマのような使用法であったとしても、使えるものです。

つまり、インナーをしっかりした状態での通気性、空気を含むその容積から言って、ワンピがアウターとしての機能よりも、オンルームとしての着方であってもいい訳になります。

肌が服の中で適度にこすれる感じは、やはり、インナーエアーウェアとしては、ワンピースに勝るものはないでしょう。

精神的な解放感もあるので、充分に考慮できるのなら、その温和性もあって、使用用途は広がるはずです。ただし、水回り系の対策として、ベルトで締めないときは、難しさもあるかもしれません。カットソーワンピまたは、ハーフソーワンピと言った具合に、適応性よりも、生活適合性として選ぶのは良いです。

 

 

ニット・ワンピースのコーデ

 

ニット・ワンピースの付着物

ニット・ワンピースへの付属品として、たとえば、ライトポケットというものもありますが、果たして、それが落ちそうになるという点では、アウトサイドでのハードな使用法は見込めません。要するに、軽い日取りというかんじでの、仕様なので、どうしても、ハンドバッグは必要です。

また、ニットタイプワンピースにしても、その場合の生活必需品をアウトサイドでどう同伴させるかについては、そのコーディネートということよりも、セットでどう組むかがポイントになります。無地モノトーンであれば、やはりアクセントのほしいところです。

 

ニット・ワンピースへ装着するもの

ニット・ワンピースは、ハードにベルトを締めるものではありません。それは、ボトムからアッパーにかけての通気性を愉しむための衣服です。なので、強度な運動に耐えられるような、トレーニング用途では使用できません。

元来女子にハードベルトというものは、しない風潮があります。そして、オンオフィスのような縛られた感じは嫌なものになります。オフオフィスの楽しみ方としてのツールと言った具合です。

なので、アウトサイドでニット・ワンピースに装着するものと言えば、それに合った、ベルトサイズや、ハンドバッグのサイドコーデが必要になります。

つまり、ハーネス系でのアレンジが利くこと。それから、装飾品としてのあしらいも似合うものになります。オープンブレスト・アッパーブレストいろいろあります。

それ以外の場所のスキンコーデというかたちで、装飾品をアレンジできるというライト・オープンのかたちがそこにはあります。

また、風にそよぐ形でのボトムなので、そのアウトサイドでのオーバーコーデもハードタイプにすると釣り合わないでしょう。エアーをかんじる、良質のライトオーバーが必要になります。

 

まとめ

ニットというのは実際は生地の総称。そして、ワンピースについては論見する必要はないでしょう。

ニット関連では、やはり、インナーではなくアウターに記事が進出している時点で、ファッショナブルの勢いの強いものです。それは、ボディラインという人体の美しさを基調とした着重ねであるので、チープな感じを人に印象付けません。

そして、インナーだけではなく、アウトサイドで、それを着こなせるという、フリーでラフであるけれども、ストロングなイメージはあるのです。

やはり、そこには、無防備なという意味ではなく、タイトニット・タイトワンピという考え方の生まれる可能性はあります。