たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

風邪は手洗いで防ぐ!それが一番!

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

冬になると、多くの人が風邪をひいてしまいます。その時、毎年風邪をひくという人とそうでない人もいるのです。その時、どんな違いがあるのでしょうか。その一つに十分なビタミンなどの栄養を取るなどがありますが、それよりも大切なこととして手洗いがあります。その手洗いと風邪予防について、まとめてみました。

 

・風邪をひくのは感染してしまうため

風邪というのは、ほかの人から感染することによりなります。そのため、その感染を予防することが一番大切なのです。しかし、風邪をひいている人が多い時にはそのような人に会わないということもできず、困ってしまいますね。そんな時、一番大切なこととして手洗いがあります。

人は、手を洗うことについてそんなに意識をして行っていません。ところが医療従事者は、手洗いを度々行っています。それは普通の生活をしている人からすると、そんなに洗わなくてもいいだろうと思うこともあると感じます。ところがその手洗いをしていないと、恐ろしいことが起きてしまうのです。それは感染してしまうということです。感染症は、人の手を介していることが多いのです。そのことから、手洗いをすることにより、風邪ウィルスをそこで流すことができます。

 

・手洗いは念入りにしよう

手洗いをする時、簡単に済ませたいと感じますね。それはなんといっても、寒いからです。冷たい水を使うことをできるだけ避けたいので、簡単にしてしまうことが多くなります。特にできていないのは、指の間などです。その部分が洗えていないと、とても危険です。それは、そこに風邪ウィルスが付着する可能性が高いからです。潜んでいる状態になります。

そのため、手洗いをする時には、指と指の間を念入りに洗うことをおすすめします。そしてそれは、できたら度々行うことが大切です。そんなことをいっても、度々洗うことができないと思うことも。そんな時には、手拭きを準備しておきましょう。それだったら、たびたび洗うことなく手をキレイにすることができます。

 

風邪を予防するには、ダントツで手洗いが重要です。これは医療従事者なら誰もが知っていることです。そしてそれは、どんなに栄養を十分にとる、厚着をする等しても手洗いがきちんとできていないと、風邪をひくことになります。そして手を洗う時に、意識をして洗うようにします。すると、風邪予防が完璧です。感染症にかかる前に、辛い症状を予防するためにも手洗いを守りましょう。