たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

製薬会社が知る裏事情

私は製薬会社の営業、MRと呼ばれる仕事をしています。

今回は医者や病院の選び方を紹介させて頂きます。

皆さんは医者にどのようなイメージを持っていますか?エリートで賢く、病気を治してくれるイメージを持っていませんか?お金持ちのイメージを持っていませんか?

そのイメージ通りの医者も沢山います。確かにそのイメージの人が多いかも知れません。

しかし残念ながらそのイメージと対局の医者もいます。残念ながら数多く。

例えば外科医なのに不器用。今は医療にもIT化の波が来ていますので、不器用でも手術が出来ます。むしろ全ての医者がお金の力を借りれば神の手を得る事が出来ます。しかし残念ながらほとんどの不器用な医者はセンスがありません。不器用が先かセンスが先かは議論が分かれますが、不器用とセンスは同居する事には変わりありません。

不器用でセンスのない医者に当たってしまったら医療ミスを覚悟して下さい。術後の合併症や見苦しい手術後などが起こる可能性が高くなります。

 

皆さんは大学病気は最高の治療を受けられると思っていませんか?それも半分間違いです。

大学病院は最高の医療や最新の医療を受けられる施設である事に間違いはありません。一方、大学病院は研究施設であり教育施設と言う側面もあります。

言いかえれば大学病院の患者は実験材料であり教材でもあります。全ての医者に生まれて初めての主治医があり生まれて初めての手術があります。その初めての主治医、初めての手術は大学病院で経験します。もちろんベテランの医者がフォローしますが、あくまでフォローでメインで治療するのは初心者です。皆さん、初めての業務は緊張したと思います。初心者のうちはミスもしたでしょう。ただ医者のミスは医療過誤です。最悪、命に関わります。

また最新の医療とは、言いかえれば効果や副作用が明らかになっていない治療です。つまり何が起こっても不思議ではない治療を受ける事になります。

医療の発展には新しい治療法の確立は必要です。それを確立させるのが大学病院の役割です。皆さんがそれを理解して高いボランティア精神で治療を受けると言うのであれば問題はありませんが。

最後に医療経済の裏事情です。皆さんはジェネリック医薬品と言う言葉を聞いた事があると思います。ジェネリック医薬品は特許切れの医薬品の模造品です。同じ効果の医薬品を安価で処方して貰えます。昔のジェネリック医薬品は安かろう悪かろうでしたが今のジェネリック医薬品は間違いありません。しかしジェネリック医薬品を処方する事で病院や薬局はめちゃくちゃ儲かります。患者さまの為にと言いながら自分の利益の為だけにジェネリック医薬品を勧める病院や薬局は残念ながら少なくありません。