たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ゆったりコーディネートで寒さ対策

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

【ロングがおすすめ】

しばらく前からはやっていますロングスタイルに今は待っています。

ロングのスカートの下に、タイツやレギンスで寒さ対策がとれるからです。

緩やかなロングスカートで、たっぷりのプリーツがありましたら、たくさん着こみましても着ぶくれがわかりにくいスタイルなのです。

【ワンサイズ上のブーツの利点】

ブーツなどの靴を一センチ以上大きめのサイズを買うようにしています。

理由は寒さ対策です。

あったかい毛糸の靴下やはるカイロをブーツに忍ばせることができるサイズならば、冬の寒さにもとっても心強いのです。

もう薄いタイツやストッキング一枚でさむがっていることはありません。

あったかい靴下が入る大きめのブーツで余裕の冬を過ごせるのです。

もちろん、ブーツは質の良い物をしっかりと選んで購入します。

卑弥呼のブーツは歩きやすくてとても優秀です。

【ゆったりワンピースの下にニットを着てさらに緩やかに演出】

この夏にはやっていました緩やかスタイルのワンピース、購入したのですが、夏には着用するチャンスがありませんでした。

ゆるいスタイルですから、ワンピースの中に黒のニットを着て冬に着用できることに気づきました。

やっぱり緩めのスタイルは着回しが可能になりやすいです。

【ダウンジャケットが温かい】

この寒さには、ダウンのコートが一番温かくて、しわになりにくい、ととても優秀なのですが、この冬にはちょっと寒さを我慢して、マックスマーラのカシミヤのコートを着用してみたいとおもいます。

これは私のこだわりですが、キャメルのコートをおしゃれに着こなしてみるつもりです。

意志の弱い日には、すぐにICBの黒いダウンジャケットを手に取ってしまうのですが、やっぱり美しいカシミヤの魅力を封印するのはもったいないことです。

機能に勝る美しさがカシミヤのコートにはあります。

しかし、本音はやっぱり、ダウンのコートが一番温かいです。

【雪国へ行く?】

冬の雪国用に衣装を考えたことってありますか?

雪用の靴底がある、ということを教えてもらいました。

靴の修理屋さんなどで、雪に滑りにくい靴底にしてもらうそうです。

これは北海道に住んでいる友人から聞いたのですが、今から行きます雪国の温泉にとってもよい対策だと思うのです。

ロングブーツで行くつもりですが、滑らないスタイルは心強いです。

温泉のお宿までの雪道も寒さ対策ばっちり、滑らない対策もばっちりで楽しんでくるつもりです。