たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ドライヤーの収納に関して

 ドライヤーの収納に困る事があります。複数の収納があるケースや、その置き方、設置法について、説明します。

 

ドライヤーの保存形式とその収納方法

乾燥

ドライヤー自体の乾燥機能のことではなく、ドライヤーの取っ手を含めた、排気・吸気口にも、乾燥状態が必要になります。

乾燥状態は、清潔の中でも要のぶぶんで、へたな雑菌の繁殖を防いでくれます。なので、収納状態が、ボックスの中でも、つりさげる場合でも、乾燥状態に気遣えば、長期使用も可能となり、一石二鳥です。

つまり、保存する前に水分が付着していないか。

そして、保存する室内空間が、湿度の密室になっていないか、チェックが必要になります。

 

リーズナブル

リーズナブルと言う表現は、理由が通るという意味です。これは、収納自体に意味を込めるやり方です。

たとえば、家族同士でおなじひとつのドライヤーを使用する場合は、その保存箇所、設置個所に共通のテーマが必要になります。

たとえば、子供であれば、手の届く位置。

そして、お父さんであれば、その使い勝手。

奥様であれば、その時間の使い方。

そして、極めつけは、ストレスフリーの保存方法になります。

たとえば、下の棚の奥の方にそれがあれば、かがまなければならず、ストレスはいっぱいです。

たとえば、モーニングの時間に、このような圧迫するフラストレーション状態では、忙しい朝は乗り切れません。心地よく、ドライヤーをかけて外に出てみたいものです。

その他、複数台ドライヤーがある時には、家族の関係上のことはありますが、どの位置にどれを置くかと言う取り決めよりも、どの位置にフックを取り付けるかによる、設置の問題解決により、誰も文句を言わない箇所と言うものがあるのです。

それは、お父さんの置き方。お母さんの置き方。子供にとっての使用方法。

そのマニュアルは、家族会議か、一番よく分かっている人が、そのひっかけフックをかければ良いのです。

 

気軽く使えなければならないドライヤーの収納術

ライト性能

気軽くしようするということにかけて、軽いというのはドライヤーだけのことではありません。

朝の時間帯、忙しいときに、気分の良くなるカラーリングのドライヤーと、その収納スポットが重要なのです。

気分的に楽になる収納カラーリングは、ライフスタイルバリューを上げてくれます。

要するに、眼に心地いい、そして、心的ストレスの無いもの。

これらの、収納ボックスや、フックにかけては、例示でのカラーのはなしですが、詳しく述べるとカラーコーディネーターの資格の部類になります。

精神的にも生きている、室内空間ですので、インテリアデザインとして組んで、ドライヤーの収納雰囲気や、カラーコーディネートという観点からも組めば、家族のだれも迷惑がりません。その上で、使用感を増すごとに、幸せになる配置と、カラーがあるものです。

 

ハンドリング性能

ハンドリング性能というのは、使い勝手の意味です。

使い勝手がいい、使用感がいいというのは、道具の基本になります。

たとえば、工具類の中でも、手にあたるという動作が、痛みや、熱いという、不安を醸し出すものであれば、それは不得手というかたちになります。

家族が使用するもの、たとえシングルでの利用であったとしても、製品自体の安全性もさることながら、フックのもし腕に当たった場合、怪我をする要素を避ける必要があるのです。

ドライヤーを手で回すときも、ひじが壁や収納に当たるようでは、それは不得手です。

手の動作範囲、そして、ミラーからの位置。

考える範疇は、安全・操作性の話になります。

これを突き詰めて言えば、ハンドリングという事になるのです。

なので、そのドライヤーの収納のことに関しても、その位置から手に取り、頭部を乾かし、収納するまでの1ターンとしての動作が、キレがなくてはなりません。

そこには、安全性・操作性・精神性などいろいろな意味を含んでいるのです。

そして、衛生性をわすれてはなりません。

 

まとめ

ドライヤーの収納に関して、操作感を含めたはなしをしました。

これは、工員と呼ばれる人たちのひとつやふたつならずのやり方です。

工具を使用するというのは、電気を使用したり、回転軸を利用したりします。

その上で、使用者がストレスなく現場を組むというのは、工員のスペシャリストの技術なのです。

朝の時短の現場で、どのようにすれば、快適にドアを潜り抜ける事ができるのか。

これは、ドライヤーの収納と言う単純な場面ではなく、朝出かけてから、夜帰ってくるまでの始動の時間の重要性を含んでいます。

そして、ドライヤーの設置による、室内空間のその快適空間の感度のよさと言うものが、システム同線。要するに、製品を取り囲む環境から組むという、ハイインテリジェンスインテリアコーディネートの世界となります。

知的な側面からも、ドライヤーの収納を、よりハイレベルなクオリティオヴライフを演出するひとつのファクターとして考えてください。