たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ビットコインの暴落した理由について検証してみました

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 ビットコインが人気を集める理由について

 

高騰を続けるビットコインは過去最高値を更新しています。高騰を続けるその理由はいったい何なのか気になるところです。理由の前提としていえる事は、そもそもBitcoinの価格は需要と供給で決まるという事です。簡単に言えばBitcoin100万円という価格は1BTCを100万円でも欲しい、という方達が存在するという事になります。Bitcoinの価値自体に100万円の価値があるかはわかりませんが、100万円以上と考える人がこの世の中には存在するという事です。では、そう考える理由についてご紹介します。一つ目に、Bitcoinそのものの利便性が大きい、いわゆる利用価値があるという事です。例えば、海外旅行の際にわざわざ高い手数料を支払ってまで両替する必要が無い事や、現金を必要とせずに支払いが可能となる為に、現物を持ち歩かないので盗難などの危険性がありません。また、送金する場合の手数料は銀行に比べて格安な事から、そういった経費の削減を行う事ができます。二つ目に、安全に資産を管理できるという事です。経済不安など金融暴落に陥った場合に、自国発行の通貨であれば壊滅的な打撃を被ります。しかし国にとらわれず世界中で取引できるBitcoinであれば、そういった危機管理を高める事事ができる為に、経済不安を持つ国では特にBitcoinは安全に資産を管理できる方法として人気があります。

 

世界的な需要拡大について

 

日本国内において、ビットコインで決済ができる店頭のPOSシステムが登場しておりマーケートの市場拡大にと注目を集めています。一方で、9月には中国において仮想通貨の取引所が閉鎖されるといった報道を受けて、Bitcoinを中心とした仮想通貨市場において大暴落が発生、一時1BTCは約30万円と2週間ほどで約4割も値下がりしてしまいました。中国におけるBitcoin市場は取引量1位を占めるなど巨大な市場である事は間違いない為に、その後の下落に注目が集まったのはいうまでもありません。しかしその下落も一時的なもので、12月時点では軒並み上昇を続けているのです。一時的な下落の要因としては、世界的に見たBitcoin市場においての中国におけるシェア率を把握できなかった方たちが、閉鎖報道を受けて慌てて売ってしまった事が大きな要因といえます。実際に、市場にも詳しい方はこの事態を受けてもホールドあるいは底値で買い増しなどを行など冷静に市場を見渡し取引を続けていたという方は少なくありません。それが上昇にも繋がっているからです。また、Bitcoin需要拡大の背景には、中国という巨大市場に限らず、各国の大手企業が軒並み仮想通貨市場に参入してきている事や、日本をはじめ、アメリカや韓国、欧州といったシェア拡大が続いている事も、一時的な下落に留まり仮想通貨市場をさらに加速させている要因といえます。

 

 

ここ1年間の値動きの激しさには注意が必要

 

日本円建てのビットコインBitcoin)は、2017年12月8日午前10時現在では、購入価格は何と210万円台に到達するなど、12月に入ってから急激に高騰しています。Coindesk BPI及びMt.Goxの取引データをを見れば一目で急激な高騰が読み取れるのですが、2010年6月の時点では、取引価格はわずか0.06米ドル、当時のレートで円換算すれば約5円程度となっています。それがわずか7年の間で1万1700米ドルと、約20万倍といった、驚異的な上げ幅となっています。Bitcoinが誕生して以来、これまで小刻みに上昇を続けてきたわけですが、特にこの1年程の上昇具合はチャート角度90度に近づいており、もはや熱狂的と言っても過言ではありません。これだけ激しい高騰を続けてしまえば、反発として急激な暴落への懸念は払拭する事ができない事はもはや誰もが想像が出来ると思います。また、この様な値動きの仕方は、いわゆるバブルとも呼びかねませんが、実際に弾けてみない事にはわからないというのが本音です。とはいえ、あまりにも上昇ピッチが速すぎるのは異常ともいえる熱狂ぶりですので、注視しなければいけないのは事実です。

 

ビットコインの今後の相場について

 

盛り上がりを見せるビットコイン市場。簡単に素早く決済できる事や、海外においての利便性の高さ、新しいビジネス展開としても期待が高まる市場でもある事は間違いありません。一方で、Bitcoinが今後どうなるか、あるいは仮想通貨市場が今後どうなるのかといった事は誰にもわかりません。事実、9月まで勢いよく上昇していたトレンドも突如暴落をしてしまう、こういった事態に陥っています。また、Bitcoin自体は、開発されてからわずか9年といった短い期間で発展している技術でもある事から、まだまだ発展段階にあるといえます。様々な問題を着実に改善しながら、その価値は高まっていく事になりますので、この時々に併せてBitcoinの価格自体もその上下するという事は忘れない様にしましょう。そして今後も上昇する今の状態は、数年は続くと予測されます。この様に、まだまだ未熟なシステムをもいえる為に、金融商品として見た場合において、ハイリスクハイリターンの商品であるという事は、運用する上での注意が必要です。したがって、Bitcoinを扱う上での大切な事は、基本的な知識を身に付けておく事がとても重要になる事はいうまでもありません。Bitcoinは、仮想通貨分野において発展途上でもり、その価格は全体的に値上がり傾向が続いています。つまりは、今後もこの傾向は続くと考えられ、運用次第で高確率で利益を得られるという事もいえるのです。