たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

大谷翔平のアナハイムエンゼルス移籍、通用するのか?

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

今年のオフの目玉

今年のメジャーリーグストーブリーグの最も大きな目玉として取り上げられているのが日本のプロ野球で前代未聞の二刀流をそれなりの実績を残した大谷翔平選手です。

これまでも日本の投手は現在活躍しているダルビッシュ投手や田中投手、既に引退した黒田投手を始め数々の成功事例があるため大谷投手の成功は約束されたようなものです。しかしながら、大谷選手自らが望んでいるのは日本と同じように二刀流で戦うことになります。もちろんこれがアメリカで成功するかどうか、認められるかどうかは本人の実力次第になります。

もともと、今年のストーブリーグに関してはフロリダマーリンズの球団の方針変更により大物選手が移籍すること、さらにはドジャースからダルビッシュ投手がどこに移籍するのかと言うことがポイントになっていました。

これに加えてアメリカのメジャーリーグだけではなくスポーツ界が注目していたのが大谷選手の動向です。

メジャーリーグはエンターテイメントとしてもビジュアルで通用する大谷選手は非常に有効なコンテンツになると考えているでしょう。それに加えて二刀流と言う話題を考えた場合に球団の収入につながることは間違いないようです。

後は野球の実力はどれだけ伴うかどうか、ここまでセットでついてくればメジャーリーグ球団としてはいくらお金を出しても惜しくない存在だと思います。

 

二刀流の可能性

二刀流でメジャーリーグの試合に出続けることができるかどうか、これは非常に大きなポイントです。大谷選手が代理人を立てて移籍先を探す際にも二刀流でチャレンジをさせてもらえることが条件の球団を選んでいたと想定されます。

普通に考えればDH制があるナ・リーグの方が二刀流で活躍できる可能性が高いのではないかと想定されていましたが、今大谷選手が選択しようとしている球団はア・リーグの球団です。

アナハイムエンゼルスは過去にも日本の選手を所属させていたことがあるのでそれなりに実績があると思いますが二刀流を認めるような新しい試みを行う球団とは日本に住んでいるファンからはなかなか見えてきません。

しかしながら注目すべきは打撃時にはメジャーを代表するアルバートプホルスやマイクトラウトが所属しており、大谷選手がお手本にすべき存在としては最高でしょう。そして左打者で強打者がいないこともあり、打撃としてはニーズがあるのはよくわかります。

そして、ここ数年は投手陣が弱体化していることもあって優勝争いからなかなか絡めないこともあって右の本格派先発投手が必要であることも間違いないと思います。

単純にこのことだけを考えると大谷選手の存在そのものは非常に必要になってくるのですが二刀流としての試合への出場をどう考えるかは大きなポイントです。

特に野手としての出場に関しては過去に日本人の選手がなかなか成功しなかったように体格の面や天然芝に対応した守備、ムービングファーストボールを始めとした日本とは異なった起動の投手の球に対応することにかなり苦労することだと思います。

日本の現役生活5年間を振り返ってみても怪我が多かった大谷選手の事ですから野手としてある程度の試合数逃げ続ける事は非常に厳しいのではないかと言う予測も立ちます。

ここに投手として先発投手のクオリティースタートである6100球を1年間投げ続けることができるかどうかと言うのは非常にハードルが高くなってきます。

契約社会であるアメリカですから代理人アナハイムエンジェルスとの間でシーズンが始まる前に明確な約束や契約が交わされており大谷選手の出場の方法も既にある程度固まっているのかもしれません。

条件面が固まった以上は後は本人の実力次第です。

 

そもそも通用するのか

では、そもそも大谷選手がメジャーリーグで通用するかどうかと言う根本的な問題に関してはどこにも答えは出ていません。

一般的に評論家が話をしているところでは投手としてはもちろん先発投手として経験を積めば間違いなくSQになることは間違いないと思います。しかしながらメジャーリーグを代表するスーパーエースとなれば球速が早いだけではまず難しいでしょう。

また、野手としても日本でもそのパワーは認められていましたが本当に1年間を通じてコンスタントな成績を残した実績があるわけではありません。

このような状況の中でメジャーリーグで本当に通用するのかどうか、それも二刀流として通用するかどうかと言うのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

しかしながら、日本のファンとしては大谷選手は日本プロ野球の宝であり、世界の誰もが過去に成し遂げたことのないメジャーリーグでの二刀流の成功を収めてくれることを期待しています。

日本でもここまで活躍できたのは監督である栗山さん、球団の支えがあったからこそです。メジャーリーグでも球団や監督、周囲の理解を得ながら大谷選手が大勢することを心から願わざるをえません。