たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

日馬富士の暴行事件に、だんまりを決め込む貴乃花親方のストイックさに思うこと。

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 事件について



九州場所の前の鳥取での巡業中に、日馬富士が起こした暴行事件は、連日ニュースで話題になっています。相撲ファンの私にも少し思うことがあっていろいろと書いてみたいと思います。

まず、事件の何が悪かったのか、結果から言えば、日馬富士の行き過ぎた指導が良くなかった、のだと思います。でもそこにもう一つ、二つ事情が絡んでいて、一つは、そもそもの原因は、白鵬貴ノ岩に対しての日ごろの態度を注意したのが、ことの発端だというのです。

白鵬の注意中に、貴ノ岩スマホをいじって真剣に聞かなかった、あるいは半ば無視のような態度に、日馬富士が激怒して暴力を振るったとのことなんですね。

暴力は、いけません。ですがです、貴ノ岩の態度はどうなんでしょうね。怒られても当然と思いませんか。先輩力士の、しかも横綱白鵬から注意を受ける態度ではないでしょう。


最近の若者



最近の若者は、、、なんてことが昔から言われますが、今の子は皆こうなんでしょうか。先輩や上司、年齢の上の人に対する礼儀を知らない人が増えているのでしょうか。学校の先生にため口を聞いたり、親子でも友達のような接し方をする関係性であったり、段々と大人の威厳がなくなっているのは確かだと感じます。

学校でも手が出てしまえば、暴力教師だと学校側はびくびくし、ちょっとした注意にクレームをつけるモンスターペアレントがいて、ならどうしろというんだよって先生達は思っているのです。

そんな世の中になってしまった、中での近頃の若いもんの貴ノ岩の態度は、今世間と同じことなんでしょう。


相撲の世界


相撲は国の国技で伝統文化であり、神事でもあります。一方スポーツという側面もあって力士はアスリートでもあります。しかし、他の競技とは一線を画す競技なんです。ですから、力士一人一人はそこを強く自覚してほしいなと思うんです。

スポーツのアスリートであれ、日本代表となれば、国を背負っているわけですから、それなりの自覚が求められます。お相撲さんはそれ以上に重い自覚というか、公私にわたって厳しさがついて回る職業なんです。それをわからせてあげていない相撲協会にも責任があるんじゃないかと思ってなりません。


相撲力士として育て方


早い力士であれば、中学の卒業と同時に相撲の世界に入る子もいます。体格に恵まれて将来性を見込まれた少年を厳しい相撲の世界で育てていかなければならないのですから、親方や相撲部屋も大変でしょう。おそらくこの世の中で厳しさに触れたことがないというか、まだ何もわからない子供を大事にしなければ、きっとすぐ辞めていく子ばかりでしょうから。
大学相撲出身の力士が頑張っていますが、彼らでさえ今どきの若者です。この社会で相撲界の力士として自覚を持たせるのには、どうすればよいのでしょうか。


古い体質

相撲協会は、これまでは文部省管轄の特別法人でした。そこから公益法人に移行したので、形としても変わりましたし、何より興業としての相撲という面が押し出されてきたため、伝統文化としての側面が弱っているのかなと思ったりもします。
そして中身の相撲協会には、古い体質が依然と残っているのも確かです。お相撲さんや部屋をささえているのは、たにまちという存在です。世の中が変わろうが切り離せない存在なんでしょう。


貴乃花親方について

大分前の話ですが、貴乃花は大恋愛をして結婚を約束した女性がいましたよね。女優の宮沢りえさんです。私も同世代ですから、当時はとても関心がありました。相撲界でも芸能界でも頂点をいく二人の結婚ですから、とても華やかでした。しかし、破局しました。理由は、宮沢りえさんが女優を辞めておかみさんに徹することができないと決めたからでしょう。彼女の激ヤセぶりから、失恋は耐え難いものだったんじゃないかと想像します。
婚約破棄の記者会見での、貴乃花言葉には本当に驚きました。愛情がなくなったとはっきりといったのです。婚約会見の二人のきらびやかな表情からは想像できない言葉でした。宮沢りえさんの婚約会見の美しさといったら、本当に今でも比べる対象がないほどでしたから。


貴乃花のストイックさ

婚約破棄会見での貴乃花の言葉は、本当なんだろうなと思います。とれほど親方は、自分に厳しい人なんだと心が強い人なんだと思います。親方についていくのは、大変だろうなと思います。部屋の中がどんな様子か知りませんが、この貴乃花の一番弟子弟子である貴ノ岩が、どうしてあのようななめた態度をとったのか、不思議でなりません。貴乃花親方なら、そのような礼儀を一番に教えそうなものなのに。
暴力事件の後、被害届を出し決して取り下げない貴乃花親方の行動から、弟子を一番に守る姿勢が、垣間見られます。相撲協会が何と言おうが、理事会が何と言おうが、微動だにしない頑固さというか、それは、貴乃花を孤立させていくでしょう。


本当の日馬富士について

暴力は確かにいけません。でも以前に暴力事件を起こして引退した朝青龍日馬富士のケースは違うと私は思います。日馬富士は人として、学ぶべきところが多くある人だと思います。大学院に通って勉強して、故郷モンゴルに学校を建てたり、社会に貢献する姿勢があります。引退に追いやられた日馬富士がかわいそうな気がしてなりません。