たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

元号が変わることによって制定される国民の祝日や大型連休について

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

平成がもうすぐ終わろうとしていますね。
今のところ、2019年の4月30日が平成最後の日、そして新しい年号でスタートするのが2019年の5月1日。
今上天皇が皇太子殿下に譲位をされ、皇太子殿下が即位し、新しい時代が始まります。

さて、この4月30日、及び5月1日が祝日になるかもしれない事をご存知ですか?
もしこの日が国民の祝日になれば、祝日の前後が祝日法に基づき前日とその翌日も休みとなります。
この法律が適用される場合、2019年の場合4月27日から5月6日まで10連休となる計算になりますよね。

10連休と聞くと単純に、学生だった頃の感覚に戻って嬉しくなってしまいます。
あの自由になんでも長期的な計画を立てた夏休みや春休み、冬休みを思い出します。
10連休なんて、下手すると正月休みより長くなりそうですもんね。
これならお金さえ余裕があれば海外旅行にだって行けてしまいますし、妄想は膨らむばかりです。
10日あればアフリカ大陸にだって、地球の裏側の南アメリカ大陸にだって行けちゃいますもんね。

でも、ちょっと待って下さい。
本当に皆さん、大喜びなのでしょうか?


・本当にちゃんと平等にお休みをとれるの?

国民の大切な行事ですから、本来は国民全員が一斉に仕事をお休みして、厳粛にテレビの前に正座して、即位の儀式一連の流れを見守る。
賛否両論あるかとは思いますが、これが本来の日本国民としてのあり方なのでしょう。

ですが現実はそうもいきませんよね。
病院や介護施設等、絶対に休む事の出来ない業種は沢山あります。
心の中で新しい時代を祝いながらも、目の前の仕事に従事するというスタイルの人が多いと思います。

例えば、サービス業の場合、休日が10日続くと大変な事になります。
休日のみ働いてるという人は一体いつお休みを取れば良いの?と混乱してしまうかもしれません。
下手すると10日連続勤務なんて事も!
そんな事態は避けたいですよね。
ですが、休日内でローテーションを組むのも一苦労です。
今までになかったシフトを組むだけでも、企業側も働く側もちょっとしたストレスになりそうです。

また、働いてるママさん達にもこれはあまり喜ばしい事ではないようです。
10日も学校や保育園、託児施設がお休みになってしまったら、一体子供をどこに預ければいいの?
普段から子供の預け先に苦労していらっしゃるワーキングママさんが大勢いらっしゃいます。
いきなり10日も一体どうしたらいいの?と途方にくれている方もいらっしゃるかもしれません。

連休が長くなれば長くなるほど困惑する人は沢山います。
単純に祝日が増えれば良いというものでもないようです。


・新年号に変わったその後の祝日はどうなるの?

今の段階ではまだ確定していないようですが、おそらくは30年前の昭和天皇崩御及び今上天皇の即位に関する一連の流れに沿うのではないかと言われております。

昭和天皇崩御された当日、私は東京都心部にいましたがその日は新宿や渋谷といった繁華街の殆どの店がシャッターが下ろされ、冬休みだというにも係わらず街中が閑散としており、上空を飛び回る報道のヘリコプターの音だけがやたら煩かった事を覚えています。
営業しているのは少数の飲食店とコンビニ、レンタルビデオ店ぐらい。

ですが今回の譲位は(生前退位という言葉がマスコミで当たり前のように使われていますが、私はこの言葉は好きではありません)およそ200年ぶりに行われる、今上天皇が(ご高齢ではありますが)お元気なうちに次世代に皇位を譲られるという儀式です。

2019年4月30日、及び5月1日は、昭和が突然終わったあの日のように暗く重いムードになる事はなく、むしろ新しい時代へのバトンタッチが行われるという事で、お祝いムード一色になるかと思われます。

この4月30日と5月1日は、この後もずっと国民の祝日として制定されるのか、それとも2019年のみの特別な記念日とされるのか、今の段階では審議中でまだ分かりません。

今上天皇の譲位に伴い、今まで12月23日だった天皇誕生日が現皇太子殿下のお誕生日である2月23日に制定され、この日が新たに国民の祝日となる事はほぼ決まりでしょう。
この場合、30年前のように、昭和天皇の誕生日を「昭和の日」(制定当時はみどりの日でした)と定めて、引き続き国民の祝日としたように、12月23日を何らかの形でこのまま国民の祝日として残すかどうか、そちらもまだ未確定の様ですね。

とにかく、天皇誕生日として2月23日が祝日になるという事は間違いないと思われます。
むしろ、こちらの方がゴールデンウイークに祝日が増えるという説より確実ですね。

何だか単純に、この2月23日に祝日に加わる事の方が嬉しい気がしますね。
祝日の少ない2月に新たにピンポイントで休日が増えるという事は、これは職業に関係なく喜んでいる人も多いのではないでしょうか。
1日だけならサービス業の方もシフトを組みやすかったりしますからね。


この様に、単純に連休がいきなり長期に増えても、職業や置かれている立場によって戸惑う事も多い様です。

せめてなるべく早く祝日が制定され、皆余裕を持って新しい時代を迎えられるようになるといいですね。