たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

母息子 初めて親子2人旅に行ってみました

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

 

パパとのお休みが合わずなかなか旅行に行けないので思い切って7歳の息子と2人で旅行に行ってきました。

もともと旅行は大好きでプランを立てるところから私の旅行は始まっています。
息子と行って楽しめる所、無理がない所という観点から旅行先には大阪を選びました。

行きは東京駅から新幹線で。
乗車前に駅弁を買おうと思っても東京駅があまりに広く複雑なので一体どこで買ったらいいのか分からず迷い、お弁当を買ったら今度はどこが東海道山陽新幹線乗り場なのか迷い、結局30分くらい東京駅内をさまよってやっとのぞみに乗車しました。

東京駅から3時間。
先ほどのお弁当を食べたりゲームをしたり本を読んだりといろいろしましたが残りあと1時間くらいからさすがの息子も飽きてしまいなだめるのに苦労しましたが何とか新大阪に到着しました。

いつも通りエスカレーターの左側に立っていると息子に「右に立つんじゃない?」と言われそういえば大阪では反対なんだった!と思い出しました。
旅行中は何度も息子に反対だよ!と言われ立ち位置を直すのを繰り返しました。

今回の旅行はパパ無しなのでハードな内容を避けたためユニバーサルスタジオには行きませんでした。
大きな施設では列並びやトイレなどやはりパパとの連携プレイが必要になります。

そのかわり海遊館に行きました。
水族館なら館内の広さは高が知れているし、万が一天気が悪くても大丈夫です。

海遊館のような建物に高さのある水族館は初めてでした。
高さを利用した大きな深い水槽にジンベイザメが優雅に泳ぐ姿は圧感でした。
また陸の動物と水辺の生き物が同じ場所に飼育されているのも珍しかったです。
カピバラが本来生息している川魚と一緒にいたり、カワウソが本来生息している川魚と一緒にいたり、なるほど?と思いました。

水族館も良かったですが観覧車も良かったです。
水族館のすぐ近くにあり、世界最大級の観覧車、としつこいくらい何度もアナウンスされていました。

私と息子のお決まりで、観覧車に乗ったらおやつを食べるというものがあります。
本当はいけない行為ですが、アメやガムなどあまり香りのキツくない駄菓子をチョイスして15分の空中散歩を楽しみました。

この辺りにはレゴランドもあり、息子は入りたいとうるさかったのですが時間と予算の関係で今回は見送りました。

ホテルは梅田近くのビジネスホテルにしました。
主婦のおこずかいでの旅行なのでなるべく質素に済ませました。
朝食付きで一泊7000円は安かったと思います。
朝食もパンのチョイスが多かったし、和朝食にしてもお漬物の種類が多くて良かったです。
息子は朝食を食べるのが早くてゆっくりコーヒーを飲めなかったのが残念でした。

梅田スカイビルにも登りました。
外国人観光客ばかりで日本人を探す方が大変なくらいでした。
何人かの人に写真を撮ってもらうのに声をかけましたが全員外国人でした。
梅田スカイビル前には大きなクリスマスツリーが飾られていてその周りには沢山の屋台が出ていました。
マジックショーもしていてクリスマスの雰囲気を盛り上げていました。

大阪城も流石に観光客がたくさんでやはり外国人の割合が多かったです。
結婚式をしているカップルがいて、その様子を天守閣から眺めましたが、同じように結婚式の様子を見たい観光客で押し合いへし合いになり大変でした。

大阪城公園に割と立派な遊具が置いてある広場があり、案の定息子が遊具で遊びたいと言ってきたので遊ばせることにしました。
大阪まで来てなんで公園で遊具?と思いながらも、社交的な息子はすぐに現地のお友達を見つけて変な格好で滑り台を滑るという遊びにはまり、1時間を普通の公園で過ごしてしまいました。

そのあと道頓堀でグリコの看板を見たり、たこ焼きや餃子を食べ歩きしたり、トンボリリバークルーズに乗船したりしたのですが、ちょっとした裏道を歩いていたら後ろから軽くクラクションを鳴らされて振り向くとトラックに乗ったおじいちゃんが近ずいて来て、「子供の手を離したらあかん!連れてかれるでぇ」と言われました。
そんな事言われたのは東京でもありませんでしたのでビックリしました。
道頓堀の辺りは危ないのでしょうか?
その後パパと友達に大阪土産をたくさん買い帰る時間になってしまいました。

あっという間に2泊3日目が過ぎ帰りは関西空港からLCCに乗って帰路につきました。

パパのいない旅行でしたが楽しい旅の思い出を作ることができました。
怪我やトラブルなく帰ることが出来て何よりでした。