たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

子供服リサイクルや手づくり小物のフリマに参加

 

〈リサイクルでいらっしゃいませ〉

 

地元の子育て支援NPO主催のフリーマーケットに出店しました。手編みで小物を作るのが好きで、クラフト市などにも出てみたいという夢を長年持っていたのですが、土日の開催のものが多いので、まだ子供が小さい私には難しかったのですが、今回参加したこのフリマは珍しく平日開催、それもうちの最寄駅のミニホテルの会議室。屋内開催は天気に左右されないのでとってもやりやすいと、張り切って申し込みました。長テーブルひとつを貸してくれて出店料千円と格安なのも魅力でした。

 

〈こども用品のリサイクルがはじまり〉

 

もともとは子育て支援で、子供洋品や服をお互い安くシェアしあおう!というコンセプトで始まったものだそうですが、だんだんと手作り品の出品も増えてきたそうで、手作り作品のみでの出店の方達もいました。

 

私は、布小物をたくさんつくっているお友達も誘って一緒に参加しました。

 

〈子連れ出店のママパワー〉

 

全部で20店ほど、今までで最多の出店だったそうです。なかでも子連れで参加しているママたちもいて、什器に凝って、手作り品やリサイクル品を素敵にディスプレイしている様子に感心しました。自分がその頃は育児だけでヘトヘトだったことを思い出すと、空いている時間にちょこちょこ作品を作って、子連れで運び込んで、元気に「いらっしゃいませ?!」と販売しているママたちのパワフルさに脱帽です。

 

〈なかなかの集客〉

 

そのイベントはもう何度もやっていたそうですが、自分もこの地域に10年近く住んでいて、子育てもしていたのに、知りませんでした。

 

たまたま、どこかのカフェでチラシを見て出店申し込みをしたのですが、そこ以外でその宣伝をほとんど見なかったにもかかわらず、たくさんの子連れのお客さんがやってきてびっくりしました。フェイスブックや子育てサイトで情報をゲットしてきたママたちのようで、最近のママたちの情報収集力の高さにも感心です。

 

結局あまり手づくり小物系の売り上げは伸びず、私の息子の着れなくなった洋服がほとんど売れただけでしたが、どのようなものが売れてどのようなものがダメなのかのマーケティングができて楽しかったです。