たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

同性愛者当事者の私が出会い系サイトを通して人生で大切な人に出会いました。

私は思春期の頃から自分の恋愛対象が女性であることに気づいていました。

もちろん、そんな人は周りにはいませんでしたし、そのことがあって、ずっと内気な学生時代を送っていました。恋人はもちろんいませんでしたし、何人かいた友人たちにも本心を出せずにいました。唯一自分が落ち着ける場所というのがネットのレズビアンの同士の交流の掲示板だったのですが、そこで、出会い系を通じて恋人と出会ったという話を聞きました。私は恋人どころか自分と同じ性的少数派の人に今まで出会ったこともなかったし、「彼女」というのは1つの憧れの存在でした。そして、彼女や友人などとにかく出会いたいと思って出会い系サイトに登録をしました。まだカミングアウトができていなかったのですが、「顔も見えない誰かもわからないサイト上」ということもあり、「女性のパートナーを探しています」と載せ、サイトの利用をはじめました。

出会い系サイトを利用して思った率直な感想は「意外とLGBTの人が多い」ということでした。

レズビアンのほかに、ゲイやバイ、そしてトランスジェンダーの人もいました。もちろん、直接会ったわけではなく、あくまでもその人のプロフィール紹介文から判断しただけですが、意外と多いことに驚きました。自分身近なところ、周りにはいなくても、広い日本で考えればいるんだな、と思いました。直接その人と会って確認したわけではないので、その内容が真実とは異なり、単なる冷やかしかもしれないとも思いましたが、当事者だからしかわからない悩みや気持ちなどが明確に書いてある人ばかりだったので、恐らく本当にLGBT当事者なんだだと思いました。

私は試しに何人かと連絡をとってみることにしました。

ネット上では「顔が見えない」ということから結構素直にメールを書けて自分でも驚きでした。自分がこれまで抱えて来たことや思ってきたこと、悩んできたことなどを話せました。「ネット上だし嫌だったら会わなければいい」と思っていたので気が楽でした。そして、やりとりをしていく内に私と同じ名前の2歳下の女の子に出会いました。名前が同じということで親近感がわき、メッセージを送ってみると、相手も私に親近感をもってくれました。名前が同じことが色々結びつけているのか、今見までの人生や考え方もどことなく似てると思いました。私は彼女とやりとりをしていくうちに「会って話してみたい」と直感で思いました。今までどちらかと言うと他人との接触は避けて来た私の中では非常に珍しかったと自分でも思ったので、直感を信じ会うことにしたのですが、実際に会ってみると、相続通り私と同じように悩んで苦しんで生きてきた人でした。

彼女とは最初に会った時にお互いが「どことなく似てるな」と意気投合したこともあり、その後も頻繁に会うようになりました。

2人でご飯に行ったりディズニーランドに行ったりしました。同じ時を過ごしていくにつれてお互いがお互いをどんどん理解するようになっていきました。お互い切磋琢磨しあっていきました。そして、2人でいる時には気を使わず笑顔でいられるようになっていきました。そして彼女はある日私に「親に自分がレズビアンなことを言おうと思う」と言ってきました。今までは全く考えられなかったけれども、私と同じ時を過ごしていくことで「自分は1人じゃない」と素直に思え、勇気が出るようになったからありのままの自分を知ってもらうために話すことにした、と言いました。私はそれを聞き、「こんな私でも誰かの役にたてる」と私の方が勇気をもらい、精一杯彼女のカミングアウトを応援しました。私も彼女にはたくさんのものをもらい、強くさせてもらいました。

自分が同性愛者であっても決して下を向く必要はありません。

今自分の周りには自分と同じLGBT当事者がいないかもしれません。その状況に自信がなくなるのはわかります。しかし、少し見方を変えてみると日本全国には自分が思っている以上に同じ同性愛者の人がいます。身の回りにはいないかもしれませんが、視野を大きく持ってみてもらいたいと思います。今まで友人や恋人がいなかったとしてもこれから作っていけばいいのです。出会い系サイトと聞くとあまりいい印象は持たないかもしれません。しかし、真剣に利用している人もいるし、こちらも真剣でいれば必然的に真剣な人を引き寄せます。私自身もそうでした。あまり期待しない気持ちもあったかもしれません。しかし、結果的に私はここで人生で大切な人に出会いました。嫌だったら会わなければいいし、途中でやめてもいいのです。

 

しかし、「友人も恋人もいない」「一生1人で生きていく」と何もしないで諦めるのであれば、とりあえず出会い系サイトで真剣な人を探してみてからそう思ってはどうでしょうか。

私は実体験から、出会い系も捨てたもんじゃないと思います。私は出会い系で一生ものの親友ができました。