たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

自分の直感に頼ってふらり、初めてのショッピングモールに行ってみた!

 

自分はいつも、直感で行動する。

この日もいきなり「なんだか人が大勢集まる場所へ行きたい。」と思いつき、ささっと身支度を整えて車に乗り込んだ。もちろん目的地はなく、適当に車を走らせてからナビゲーションの「周辺施設の検索」をポチッ。まだ行ったことのない大型ショッピングモールの名前が一番上の候補名に出てきたので、そこを目的地として設定し楽しみながら向かった。

やっぱり自分はツイていた。なんと、ショッピングモール内のメインストリートで自分が大好きな

沖縄フェスティバル

が開催されていたのだった!フェスティバルの内容は、沖縄出身のお笑い芸人の漫談ステージ・歌手のミニライブ・ミス沖縄によるフリートーク・沖縄三線(さんしん)の無料演奏体験教室・ゆるキャラと一緒に写真撮影・プロジェクタスクリーンで映し出された”美ら海水族館”の疑似体験をする・物産品の販売だ。物産品には、高級泡盛や最もポピュラーで自分が大好きなちんすこう、採れたて新鮮な海ブドウや家庭で簡単に作れるソーキそばセット等たくさんの食品が売られていた。

自分は沖縄が大好きだが、まだ一度も旅行に行ったことが無い。なのでとてもテンションが上がり、いつもお世話になっている知人や家族を思い出してはお土産になる品物を選んでポンポンと買い物カゴに入れた。自分が沖縄好きなこともあるためか、”類は友を呼ぶ”と言う言葉の通り、周りに集まる知人にも沖縄好きが多いのだ。

フェスティバルの開催スタッフさんを良く見ると、皆さん同じような柄の「かりゆし」と呼ばれるアロハシャツを着ているが、ショッピングモールの職員さん(地元のかた)と沖縄出身のかたが混ざっていることに直ぐに気付いた。やはり、表情や言葉から滲み出てくる何かが違う。ゆったりした何かが漂っている。

自分は沖縄の独特な方言も大好きで少しなら話せるので、「どう見てもこのかたは沖縄出身のかただな!」と直感で判断し歩み寄って、声をかけさせて頂いた。郷土料理や独特な方言について、米軍基地の話や今一番何を楽しく感じて生活しているのか等、三時間以上も会話を楽しんだのだった。

直感による行動は素晴らしい

地図も目的も無い危うい冒険だが、そんな時にこそ奇跡的に出逢えた人・モノに何倍もの感動を得られるのだと思う。