たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

ビリヤードの楽しみ方

KIREIMO公式サイト
ミュゼプラチナム公式サイト
銀座カラー公式サイト
スポンサードリンク

ビリヤードは大人の男性も楽しめるスポーツです。そして、とっても頭を使います。球を打つときにどれくらいの強さで打つべきかや、どのような角度で球を当てるかなど考える事はたくさんあります。なので、頭の体操にもなるので、ビリヤードは健康にも良いです。

今回は、ビリヤードの基本情報やビリヤードの楽しみ方について説明していきます。

 

【1.ビリヤードの基本情報】

ビリヤードはアミューズメント施設で行う事が出来ます。

ビリヤードで使う道具は「キュー」という長い棒と、キューで打つ球の「手球」に、手球によって当てられて穴に落とされる15個の「的球」があります。穴は6個ありますが、どこに落としても一緒です。

ビリヤードは、とてもオシャレなゲームなので、プレイしていてとっても楽しいですし、紳士のイメージのあるスポーツでもあります。もし初めて会った人に「趣味は何ですか?」と聞かれて「趣味はビリヤードです」と言ったら、カッコ良いですし、ダンディだなと感じてしまいますよね。

ビリヤードは初めの頃は、上手くキューが球に当たらないですが、練習する内に誰でも上手く打てるようになるので、心配はないです。

 

【2.ビリヤードのオススメのゲーム】

ビリヤード場に行くと、大勢でビリヤードをやっている人もいれば、一人で黙々と楽しんでいる人もいます。

ビリヤードにはどのようなゲームがあるかと言いますと、ベタなものでは「エイトボールカットボール」があります。

 

エイトボール

エイトボールのルールは、15個のボールを順番に落としていって、最後に8番のボールを落とした人が勝ちというものです。

エイトボールに似たゲームにナインゲームもありまして、これは最後に9番を落とした方が勝ちというものなので、ほとんど意味は同じです。

 

カットボール

カットボールのルールは、3人でボールを5つ所持して、相手のボールを落としていき、最後にボールが残った人が勝ちというものです。

 

【3.ビリヤードはこんなときにオススメ】

ビリヤードはストレス解消をしたい時にはオススメです。キューを使って、おもいっきり手球をパチーンと打った時の爽快感は凄まじいです。

他にも、ビリヤードはかなり頭を使います。どのようにして、球を落とすかを何通りも考えるので「頭の運動」にもかなり使えます。直接、球をぶつけるか、壁に当てつつぶつけるかなど、当て方にも色々な方法があるので、ビリヤードは結構奥深いスポーツなのです。

そして、ビリヤードが好きな人は年配の人が多いです。なので、年配の人は同年代の人と知り合いになれるチャンスです。ビリヤードを通じてオシャレな交流を楽しむのも良いです。

 

【4.ビリヤードの練習方法】

ビリヤードでは色々な練習方法があります。一人で黙々と練習するのも良いですし、ビリヤード仲間で共に練習するのも良いです。

コミュニケーション能力が高い人は、横でやってる人に声をかけて一緒に勝負しても面白いです。ビリヤード場では意外と一人でやっている人が多いので、声もかけやすいです。

ビリヤードのルールやコツを学ぶ際は、本屋でビリヤードの本を読むのも良いですし、最近では「youtube」などの動画サイトが発展してきているので、そこで、ビリヤードが上手い人の動画を見て勉強をする事も出来ます。youtubeは無料で見れるので、とっても便利です。youtubeでは動画に対してコメントを打てるので、もしビリヤードで分からない事や、悩みがあったら、そこでコメントをすることで、動画を出している人や、他の視聴者からアドバイスを貰えることが出来ます。

 

【5.ビリヤードを行う上での注意点】

ビリヤードを行う上での注意点は、周りに気を使って行う事です。ビリヤード場では、周りのビリヤード台との距離が物凄く近いです。

なので、混んでいる時は、良く体がぶつかってしまったり、キューの上の部分が当たってしまう事が良くあります。なので、ビリヤードをやるときは、集中しすぎないで、周りに気配りをしながら行った方が良いです。

他にも、キューは意外とモロいです。あまり乱暴に使ってしまうと、キューが折れてしまって、弁償をする事になってしまいます。キュー以外でも、ビリヤード台の緑の部分が剥がれてしまう場合は弁償をする場合もありますので、外でビリヤードをやるときは、大事に扱った方が良いです。

 

【ビリヤードは家でも外でも出来る】

このように、ビリヤードは気軽に出来るスポーツでもありますし、一人でも大勢でも楽しめるスポーツでもあります。ルールも色々ありますので、自分に合ったルールで楽しむ事も出来ます。

ビリヤードが好きな人は家にビリヤード台を買ってしまう人もいます。趣味で終えるのでは無くて、アマチュア大会での優勝を目指すなど、モチベーションが高く、ビリヤードを極めたい人は、実際にビリヤード台を買うのも悪くはないです。ビリヤード台は10万円、キューは安いので1万円、高いので10万円で売っています。