たのしす〜楽しさでつながるブログ〜

「私」が感じたこと、「あなた」に伝えます

50代後半の私がすっかり嵌まり毎日楽しんでいるアプリのゲーム

50代後半の主婦である私は、十数年間義理の父母の介護をして天国へと見送り、二人の子供も成長して社会人になりました。今は家事の合間にライターのアルバイトをしながら、マイペースでのんびりと暮らしています。そんな私は家でパソコンを使うことが多く、買い物も仕事もパソコンでできるので、スマホを持つ必要性を感じていませんでした。

 

 

 

けれども家族からラインで連絡を取り合いたいと言われ、しぶしぶとスマホを持つことにしたのです。スマホは子供がフリーテルのものを買ってプレゼントしてくれ、マイネオのSIMカードをセットして利用料金も払ってくれています。スマホは15000円くらい、SIMカードの利用料金は1か月1500円程度だそうなので、スマホもずいぶんリーズナブルな費用で使えるようになったのですね。主婦の私は外出先でスマホを使うことはほどんどなく、家でWi-Fiを利用してスマホを活用しています。

 

 

 

スマホではゲームのアプリが使えるからお母さんも試しに遊んでみたらと、娘がダウンロードしてくれたのが、「タウンシップ」という牧場経営ゲームのアプリです。気が付けば私はもう2年近く、ほとんど毎日欠かさず「タウンシップ」で気長に楽しく遊んでいるのです。モノ作りが大好きなお母さんに向いているからといって娘が選んでくれたゲームなのですが、もうすぐ60歳になるわたしが、こんなにスマホのゲームアプリに嵌まるとは思っていませんでした。

 

 

 

タウンシップには畑がありそこに種をまいて、小麦やトウモロコシ、ニンジンやトマト、サトウキビなどさまざまな作物を育てます。小麦は2分、サトウキビは5分、イチゴは1時間というように、作物ができる時間がそれぞれ違っているのが奥が深くて面白いです。

 

 

 

タウンシップでは畑で育てた作物を使って飼料工場で家畜の飼料を作り、それを餌にして牛やにわとり、ヒツジや豚などの家畜を育てます。牛からもらったミルクで乳製品工場で生クリームやチーズを作り、鶏が生んだ卵と小麦を材料にしてパン屋でクッキーを作るというように、モノづくりを一つ一つ手をかけてコツコツとやっていくのが、農場経営ゲームタウンシップの楽しさなのです。

 

 

 

ものを売ったりボーナスとしてもらったコインで家やマンションを建てると人口が増え、新しい工場や公共施設を建設することができるようになります。タウンシップでは道や池、川などのレイアウトも自分ででき、建物の区画割りや配置を自由にすることが可能になっているのがいいんですよね。作った道にはちゃんとパトカーやトラックが走ったり、犬を連れた奥さんやお年寄り夫婦が歩いたりするようになるので、本当によくできていると思って感心して見入ってしまいます。

 

 

 

タウンシップには汽車があり、指定された品物を列車に載せると世界中の都市に向けて発車して、帰りに建築の材料などを運んで来てくれます。レベルが進むと船や飛行機も使えるようになり、さまざまなアイテムを広い世界から手に入れるチャンスがどんどん広がっていくのです。

 

 

 

またタウンシップには鉱山があり、つるはしやダイナマイトを使って鉱山を掘って金鉱や銀鉱などを掘り出し、それを鋳物工場で金塊や銀塊に変えることができます。金塊や銀塊は貨幣鋳造所でコインにもできるし、船に積み込んで遠くの島で取引にも使えます。ダイナマイトを爆発させて金鉱や宝石が出てくると、うれしくて思わずにんまりしてしまうんですよね。

 

 

 

アイテムなどをしまっておく倉庫を拡張したり、家畜を殖やしたりするためにはキャッシュがあると便利で早いですが、根気よくゲームを進めていけばイベントなどで手に入ることも多くので、課金をしてまで手に入れなくても大丈夫です。私は2年間全く課金をしていないのですが、現在レベルは55になり、街の人口は7400人を超えました。ゲームにはお金をかけない主義だと家族に話すと、息子にいかにもお母さんらしいと大笑いをされてしまいいました。

 

 

 

タウンシップではレベルが40になると、街から少し離れたところに動物園を作ることができるようになります。動物園に売店を立てそこで工場で作ったものを売り、新しい展示場を増やして動物を飼うのですが、もともと動物好きの私にはこれが楽しく仕方がありません。今、クマやしまうま、ペンギンなど14種類の動物を飼っていますが、これからもどんどん増やして、動物園をにぎやかにしていきたいです。

 

 

 

朝起きて家事を済ませたらリビングのソファに座り、美味しいコーヒーを飲みながらタウンシップをやって自分の街を大きくバラエティー豊かに育てていくのが、私にとって本当に幸せな時間になっています。

 

 

 

最近息子から面白いよ教えてもらい、岩をタップでレベルアップさせて魚を創造して水族館を作るアビスリウムというゲームを始めたのですが、これも奥が深くて面白いので気に入っています。自分が創造した魚やカメ、タツノオトシゴなどが自由に泳ぎ回る姿を眺めながら、心が癒されて安らぎを感じる毎日です。